TOEIC

2019年08月18日

TOEICat問題 その35

今日のTOEICat問題は、Part6(長文穴埋め問題)に挑戦。
Part6特有の「一文挿入問題」を作ってみました。

以下の文章を読んで、空所を埋めましょう:
---------------------
Cat & Me Press publishes engaging, inclusive, award-winning books,
manages the annual Short Story Contest, and offers resources and
opportunities for writers. We provide a showcase for local writers
through our publications, which are professionally edited, produced,
and marketed. [ 1 ] . If you would like to receive this in your email inbox,
sign up below. 
---------------------
(引用元のウェブサイトは→こちら
[ 1 ] 
(A) Our monthly e-newsletter provides an update on upcoming events.
(B) All inquiries about the contest are answered promptly. 
(C) Nancy Day founded Cat & Me Press about a decade ago.
(D) All submissions must be original and unpublished.

DSCN1816
(猫と出版物その①:
フク&「弱点克服シリーズ」の一冊目のゲラ。なつかし~。)

まずは文章の意味を確認しましょう~。

Cat & Me Press publishes
 Cat & Me出版は 出版しています
engaging, inclusive, award-winning books, 
 魅力的で、誰にも受け入れられるような、受賞歴のある本を、
manages the annual Short Story Contest,  
 そして主宰しています、年に1一度のショートストーリーコンテストを、
and offers resources and opportunities for writers.
  更に提供しています、作家に支援機会を。
We provide a showcase for local writers 
 当社は地元の作家を紹介する場を提供しています、
through our publications,
 出版物を通して、
which are professionally edited, produced, and marketed.
 (その出版物は)専門家により編集され、製作され、販売されます
[ 1 ] . If you would like to receive this in your email inbox, 
 もしあなたがこれをEメールの受信箱に受け取りたいなら、
sign up below. 
 以下で申し込んでください。

[ 1 ] の箇所に入れるのに、適切な一文を選ぶわけですが、選択肢の和訳はこちら:

(A) Our monthly e-newsletter provides an update on upcoming events.
 当社の月刊メールマガジンは、今後のイベントについての最新情報を提供します。
(B) All inquiries about the contest are answered promptly
 コンテストに関する問い合わせすぐに返答されます。
(C) Nancy Day founded Cat & Me Press about a decade ago.
 Nancy Dayは創立しました、Cat & Me出版を、およそ10年前に。
(D) All submissions must be original and unpublished.
 全ての提出物は、オリジナルで未出版のものでなくてはなりません。

もうおわかりですよね。正解は(A)!空所の直後に「If you would like to receive this in your email inbox, ~」とありますが、この thisを表す言葉が、直前の文になければ、意味が通じませんね。

この問題を解く上では、空所の後ろの文に鍵がありましたが、空所の前が鍵となる問題もたくさんあります。まずは「の文からの流れ」を検討し、それでもピンとくるのがなければ、「後ろの文とのつながり」から検討するのがお勧めです

ちなみに、出版物で言えば、「TOEIC L&R 目標スコア奪取シリーズ」が世に出てから、そろそろ半年!あの怒涛の日々からたった半年しか経っていないのか~。そろそろ 730点奪取を使ったイベントも検討しようかと思っています。


★TOEIC専門塾・英語屋の情報はこちらから~(各種・単発講座もやってます)。


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
publish 出版する
award-winning 受賞歴のある
annual  年に一度の
resources  支援、資源
opportunities  機会
showcase  紹介する(場)
publication 出版物
edit 編集する
market 販売する
sign up  申し込む
e-newsletter  メールマガジン(Eメールで送る会報)
update  最新情報
upcoming 今後の、来たる
inquiry  問い合わせ
promptly  すぐに
found  創立する
decade  10年
submission  提出物


eigoyavocab at 13:45|PermalinkComments(0)

2019年08月08日

Q&A diary (4) 2019/7月後半編

現在挑戦中の「Q&A日記」(過去の記事はこちらのネコをクリック⇒)。今日は7月後半の entryについて書いてみたいと思います。

(ちなみに ↓ こんなのもやってます~。現在、残席2)


今回も、しっかり継続されている carpenter さんがシェアしてくださった entry をベースにお話を進めていきますね。

以下、私(古澤)と carpenter さん の entries です(原文のまま):

July 25
Q:  If you could hire any artist (living or dead) to paint your portrait,
who would you pick?
 肖像画を描いてもらうために画家を雇うとすれば
(存命でも、故人でも)、誰を選ぶ?

A(古澤): 
I'd choose Vermeer (a Dutch painter best known for "Girl with a Pearl Earring" )
or Andy Warhol (an American pop artist, one of whose works is "Green Marilyn").

A(Mr. Carpenter): 
Leonardo da Vinci, Italian painter does.
He is one of  the most famous artist in the Renaissance.

July 28 
Q: 
Write a phrase to describe your year so far.
 ここまでのあなたの1年を表すフレーズを書いてください。

A(古澤): 
Full of challenges.
I've done a lot of things I never tried before.

A(Mr. Carpenter): 
”Never give up.”
Because once I decided something by myself, I’ll keep on doing.

IMG_1677
(Niko never gives up, and bothers Miya...)

carpenter さん は添削ご希望ですので、以下のとおりコメントしますね。

July 25 
Leonardo da Vinci, Italian painter does. 
 イタリアの画家、レオナルド・ダ・ビンチがやります。
He is one of  the most famous artist in the Renaissance.
 彼はルネサンス期の有名な芸術家の一人です。

(添削1)
1文目のdoesは不要ですね。シンプルに:
 An Italian painter, Leonardo da Vinci. 
とするか、S+Vにするなら:
 I would choose Leonardo da Vinci, a famous Italian painter.
としてはいかがでしょう。

(添削2)
2文目はおしい! 「one of ~」の後ろは複数名詞にしましょう。たくさんの中の「1つ」ですものね。「one of the most famous artists」にすれば完璧!
 
July 28 
”Never give up.” 
 「決してあきらめない」
Because once I decided something by myself,
 なぜなら、いったん何かを自分で決めたら、
I’ll keep on doing.
 私はやり続けます。

(添削3)
こちらも修正は少しだけ。ここまでの半年間を振り返っての文なので、時制を少しなおしておきましょう。

I have kept on doing things that I decided to do myself.
 私はやり続けてきた、私がやると決めたことを。

by myself の部分ですが、byを付けると「たった1人で(=alone)」という意味になるのですが、ここでは、そういう意味よりも「(他人ではなく)自分で」という意味だと思うので、myself でOKです。

いつもながら、これらの添削はほんとに細かいことに過ぎないので、伝えたいことはちゃんと伝わる英文ですよ、carpenter さん。この調子です!

それでは、暑い8月も継続あるのみ~!
Q&A日記挑戦者の皆さま、がんばりましょうね~。

フクも片目つぶって応援してくれて(?)います。
IMG_2692

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
hire  雇う
paint  (絵具で)描く、ペンキを塗る
portrait  肖像画
pick 選ぶ
best known for  ~で最も良く知られている
describe  描写する、説明する
so far 今までのところ
full of ~ ~でいっぱい、満ちている
once  いったん~すれば、~したとき
keep on ~ing ~し続ける


eigoyavocab at 15:10|PermalinkComments(0)

2019年07月29日

TOEICat問題 その34

久しぶりに、今日のTOEICat問題は、Part7(読解問題)に挑戦。
★ 過去のPart7問題はこちらでまとめてチェック ⇒【Part7問題

以下の文章を読んで、設問に答えましょう:
---------------------
On Saturday 30th November and Sunday 1st December this year, the Royal Exhibition Building will host an even bigger Cat Lovers Show!

Our team has gathered as much feedback as possible from the 2018 Exhibitors
and Visitors and after a lot of detailed planning we are excited to return
with a much bigger and better event for 2019.

The Show will present over 12 feline-inspired visitor attractions and
lots of opportunities to meet a wide array of beautiful Cats.  
---------------------
(引用元のウェブサイトは→こちら

Q: What is indicated about Cat Lovers Show?

(A) It is a one-day event.
(B) It will be held for the first time.
(C) It is seeking volunteers.
(D) Its previous participants were surveyed.

IMG_3207
(フクがイベントに出るなら「ツンデレ・メイド」役やね。オスだけど。)

まずは文章の意味を確認しましょう~。

On Saturday 30th November and Sunday 1st December this year,
  今年の11/30(土)と12/1(日)に
the Royal Exhibition Building will host 
 Royal Exhibitionビルは開催します
an even bigger Cat Lovers Show!
 更に大規模な「猫好きのためのショー」を。
Our team has gathered as much feedback as possible
 我々のチームは集めました、できるだけ多くの感想・意見
from the 2018 Exhibitors and Visitors and
 2018年の出展者と入場者から、そして
after a lot of detailed planning
 詳細な計画を経て
we are excited to return 
 再度開催することにわくわくしています、
with a much bigger and better event for 2019.
 2019年度、より大規模で改善されたイベントを。 

The Show will present
 このショーは、提供します
over 12 feline-inspired visitor attractions and
 猫をテーマとしたアトラクションを12以上、そして
lots of opportunities to meet a wide array of beautiful Cats.
 多くの機会があります、様々な種類の美しい猫と出会うための。  

そして、設問はこちら:

Q: What is indicated about Cat Lovers Show?
 「Cat Lovers Show」について示されているのは?

(A) It is a one-day event.
 1日だけのイベントである。
(B) It will be held for the first time.
 初めて開催される。
(C) It is seeking volunteers.
 ボランティアを求めている
(D) Its previous participants were surveyed.
 過去の参加者が、(アンケート)調査された

正解は(D)。「gathered as much feedback from the 2018 Exhibitors and Visitors」という部分の言い替えですね。surveyとは、調査は調査でも、アンケートなどを指すことが多く、それで得られる情報を、feedback(意見・感想)と呼ぶのは、TOEICでも多いパターンです。

この問題を作るために、猫関係のexhibitionを探してみましたが、日本での開催の多いこと、多いこと!こちらでご紹介したのはオーストラリアのイベントですが、開催目的は「to raise awareness for Cat rescue and increase adoption (猫の保護に関する意識を高め里親を増やすこと」だそうです。ご興味のある方は、更にこちらのサイト読んでみてくださいね。⇒ Cat Lovers Show

★TOEIC専門塾・英語屋の情報はこちらから~(各種・単発講座もやってます)。

猫はいませんが、猫グッズはいろいろ。スクール内の隠れ猫アイテム、ぜひ探してみてください。例えばこんなの。
IMG_2496


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
gather 集める、集まる
feedback 感想・意見
exhibitor  出展者
detailed  詳細な
XX-inspired  XX風の、XXに触発された
opportunity  機会、チャンス
a wide array of 豊富な、幅広い
seek 求める
previous 過去の
survey (アンケート)調査、調査する

eigoyavocab at 22:19|PermalinkComments(0)

2019年07月20日

Q&A diary (3) 2019/7月前半編

現在挑戦中の「Q&A日記」(⇒ 今までの記事はこちら)。今日は7月前半の entryについて書いてみたいと思います。

今回も、 carpenter さんがシェアしてくださった entry をベースにお話を進めていきますね。

以下、私(古澤)と carpenter さん の entries です(原文のまま):

July 13
Q:  What are you sentimental about?
 あなたはどんなことで感傷的になる?

A(古澤): 
I feel sentimenal whenever I read a story related to a dog, cat or child. 
 私は感傷的な気分になります、犬、ネコ、子供に関する物語を読むとき。

A(Mr. Carpenter): 
This particular film  appears as comedian FUTEN NO TORASAN
made me sentimental.

July 18 
Q: 
What are the ingredients for a perfect day?
 完璧な一日に欠かせないものとは?

A(古澤): 
Good food, lots of laughs, and cats beside me. 
 よい食事、たくさんの笑い、そして傍らにネコ。

A(Mr. Carpenter): 
For me the perfect day is the day
that I can be satisfied with accomplishment of a day,
so the ingredients for a perfect day is exchanging geetings.
It’s a must-do at first a day.

IMG_3500
(One of the ingredients for a perfect day!)

carpenter さん は添削ご希望ですので、恐れ多いですが、以下のとおりコメントししますね~。

July 13 
This particular film  appears as comedian FUTEN NO TORASAN 
made me sentimental.

(添削1)
I like comedy films featuring "Futen No Torasan".
 私は「フーテンの寅さん」を取り上げた喜劇映画が好きです。
This particular film series makes me sentimental.
 この映画シリーズは、私を感傷的な気分にさせます。

「This particular ~(この特定の~」を使う場合は、その前に既に何のことを指しているか述べておく必要があるので、上記のように2つの文に変えてみました。ここでの featuring は後ろから films を修飾する分詞です。

July 18 
For me the perfect day is 
 私にとって、「完璧な一日」とは、
the day when I can be satisfied with accomplishments for the day, 
  満足できる日です、その日達成したことに。
so an ingredient for a perfect day is exchanging greetings.
 なので、完璧な日に必要なことの1つは、挨拶を交わすことです。
It’s a must-do in order to start a perfect day. 
  これは必ずやるべきことです、完璧な一日を始めるために。

the dayを後ろから修飾するのに、thatの代わりに関係副詞の when を使いました。
that (関係代名詞)との違いは、
 ・関係副詞 :「前置詞+名詞」の代わりになる
 ・関係代名詞:「名詞」の代わりになる
くわしくは、こちらのサイトが参考になりますよ~。

しかし、これらは細かいことに過ぎず、伝えたいことはちゃんと伝わる英文ですよ、carpenter さん。さすがです!

それでは、来週もこの調子で続けます!
Q&A日記挑戦者の皆さま、ぜひシェアしてくださいね~(日本語も歓迎)。

テツもV字開脚で応援してくれて(?)います。
IMG_3454 (1)


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
related to ~に関連する
particular 特定の、特別な
featuring ~を目玉とする、~を特集している
ingredient 欠かせないもの、材料
beside ~の横に
accomplishment  達成、成果
exchange 交換する
greeting 挨拶
must-do 必ずやるべきこと


eigoyavocab at 12:00|PermalinkComments(0)

2019年07月15日

スピーキング・使える表現集(1)

7月13日(土)に実施した「スピーキングのための英作文講座」は、3度目の開催でしたが、おかげさまで今回も満員御礼。以前開催した内容を更にパワーアップしてお届けしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました~!

授業中に英作文していただき、それを講師が添削して回るというのが、この授業の特徴の1つなのですが、その中で皆さんに調べていただいたおもしろ表現を今日はご紹介したいと思います。

それでは、答えの発表の前に、皆さんならどんな英語表現が頭に浮かぶか、ぜひ考えてみてくださいね:

1.激辛料理
2.死ぬほど笑う
3.体力の続く限り
4.(なぐさめるように)天気が悪かったんだから仕方ないよ。


IMGP0482
(このニコの表情は、「死ぬほど笑っている」?
「激辛料理」に苦しんでいる?)

1.激辛料理:a fiery hot dish

hot dish だけなら「温かい料理」と勘違いされることもありますので、fieryという語を付けるとよいようです(発音:fァイアリ)。もしくは、super spicy food と言ってもいいですね。fiery は fire と同じ語源で、「燃えている」という意味もあるのですが、ここでは「非常に辛い」ことを指しています。この単語、私も初めて知りました!

受講生のS.T.さんは、激辛料理ナンバーワンを決める competition (コンテスト)について英作文されました。辛いものが苦手な私には、参加はちょっと難しそう。。

2.死ぬほど笑う:kill oneself laughing

直訳すると「自分を殺す、笑って」。ちょっと怖い表現ですね。
oneself の部分は主語と連動させます。例えば:

I killed myself laughing.
They killed themselves laughing.

他にも「laugh oneself to death」という表現もあります。強調するために「死ぬほど」って使うのは、英語も日本語も同じですね。

ちなみにこれを使って英作文したA.S.さんは、impersonation shows (物まねショー)を見て、こんな感じになるそうです。私も生で見てみたい!

3.体力の続く限り:as long as my body holds up.

as long as は接続詞で「~する限り、~する間」。別の表現としては:

as long as my physical strength lasts.

ということも可能です。この文を書いたS.Y.さんは、昔は友達と「体力の続く限り、歌い続けた」そうです。英語では:

I used to sing Karaoke with my friends as long as my body held up.

4.天気が悪かったんだから仕方ないよ。

こちらは実は、ネイティブによる作文です。雨の日にゴルフをしていた英語屋マネージャー(F.T.)が、スコアが不調に終わったことを知り合いのDavid(米国人)に伝えると、LINEでこう返事があったそうです:

Blame the bad weather.

これ命令文ですね。直訳すると「悪天候を責めなさい」。つまり、うまくいかなかったのは、天気のせいにすればいいよ ⇒ 悪いのは天気だ ⇒ 天気が悪いから仕方ないよ・・。

日本語から直訳すると「It couldn't be helped as the weather was bad. 」などでしょうか(私ならそう書いちゃう)。でも、こちらは、よりシンプルで、いい表現ですよね。

応用としては:

Blame the bad economy. (景気が悪いから仕方ないよ)

Don't blame bad luck. (運の悪いせいにするな)

私も、仕事が進まないのを、つい猫のせいにしてしまいます。だってだって、「遊ぼう」「撫でろ」「小腹が減った」「ブラッシングせえ」「風呂場の蛇口から水を飲みたい」「リビングのソファで一緒に寝たい」「いっそのこと寝室行こうや」と、要求の多いこと・・。稼働時間は、どんどん、確実に削られます(うれしいのが半分以上だけど)。
そういうときは、自分自身に「Don't blame the cats.」と言い聞かせなくては。

ちなみに、ニコのいつもの表情はこんな感じ。7キロに届こうかという巨漢にして、我が家で一番のビビリです(さっきの写真は、おもちゃに夢中になってる、無邪気な?表情でした)。
IMGP0483

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)

dish 料理
competition コンテスト、競争
as long as  ~する限り、~する間
last 続く
blame ~を責める、~のせいにする
it can't be helped  仕方がない、どうしようもない


eigoyavocab at 16:34|PermalinkComments(0)