2021年05月29日

TOEICat問題 その41 (猫ミステリー小説・第21章より)

今回のTOEICat問題は、Part2。「英語で読む:猫とミステリー小説講座」で取り上げる小説より、抜粋して作問してみました。

★ミステリー小説からの抜粋なので、物騒な単語も含まれていますが、そこを気にしなければ、TOEICっぽいやりとりになっています。
The Cat, The Quilt and The Corpse の、第21章より)

「問いかけ文」と「選択肢3つ」を聞いて、最も適切な回答を選んでください。

(A) (B) (C) 

こちらの動画をスタートすると、音声が流れます。



それではスクリプトを見てみましょう:

Q: I have to go to the coroner's office to pick up the death certificate.

A: Yes, I'm a certified counsellor.

B: Why don't we go together?

C: Business is picking up now.

今回の問いかけは「平叙文」。疑問や依頼などとは異なり、自分の持つ情報・意見・状況を伝えています。

TOEICでの平叙文に対する応答は、大きく分けて3つ。

(ア) 更に情報を求めて質問する 
(イ) 問題の解決策や代替案を提案・指示する
(ウ) 自分の持つ情報・意見 (反対・賛成) や感想を述べる

そういう目線で、改めてこの英文を訳してみると:

Q: I have to go to the coroner's office 
 私は検視官の事務所に行かなくちゃいけないの、
to pick up the death certificate.
 死亡証明書受け取るために。

A: Yes, I'm a certified counsellor.
 はい、私は公認カウンセラーです。

B: Why don't we go together?
 一緒に行きましょう

C: Business is picking up now.
 商売は、今、上向いてきています。

正解はB。「行かなくちゃいけない」という言葉に「いやだなあ、困るなあ」というニュアンスを感じた主人公のJillianが、思わず「私も一緒に行くわよ」と提案します。Jillianの人の好さがにじみ出ている場面の1つで、(イ)問題の解決策や代替案を提案 に該当しますね。

検視官だの死亡証明書だのという物騒な単語を除けば、ごくごく普通に出てくるやりとりですね。例えば、

I have to go to the city office to pick up a food safety certificate.
市役所に行かなくちゃいけないの、食品安全証明書を受け取るために。)

このように、ミステリー小説といえども、TOEICに無関係ってことはないのです。読み進めていくと「あ、これTOEICにも出てきた」という表現が発見できて、楽しく学習できるのでお勧め。

というわけで、もう5回目の開催となる「英語で読む:猫とミステリー小説講座」、楽しいだけではなく、たくさんの発見もある講座ですので、ぜひお試しくださいね。
ちなみに、平叙文の問題は、こちらの「TOEICat問題」にも!
(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
pick up 取りに行く、受け取る、改善する
certificate 証明書、認定証
certified 公認の、認証を受けた
Why don't we ~? 一緒に~しましょう(=Let's)


「TOEICat問題」の一覧を作りました!
mogitest


役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!

英語屋特製ゆる猫スタンプ発売中です


eigoyavocab at 09:03|PermalinkComments(0)

2021年04月26日

TOEICat問題 その40 (猫ミステリー小説・第17章より)

今日のTOEICat問題は、Part5タイプ。「英語で読む:猫とミステリー小説講座」で取り上げる小説より、抜粋して作問してみました。

The Cat, The Quilt and The Corpse の、第17章より)

I spent hours piecing quilts and listening to the Beatles
on my iPod while (-------) anxiously for Candace's phone call.

(A) wait
(B) I wait
(C) waited
(D) waiting

(ちなみに私は最近、こんなふうに小説からTOEIC論点を探してspent hoursしてますが、その横でテツは、こんなふうに朝日を浴びてspent hours)
IMG_5032

それでは本文を訳してみましょう:

I spent hours
 私は何時間も費やした
piecing quilts and
 キルトをつなぎ合わせ、そして
listening to the Beatles on my iPod
 iPodでビートルズを聞いて(費やした)、
while (-------) anxiously for Candace's phone call.   
 Candaceからの電話をじりじりと(?)間。

この問題のポイントは while の品詞と使い方。まずは基本の確認です。
・while は 接続詞である。
・接続詞は、原則、2つの節(S+V)を接着するときに使用する。
・意味は2つ:~の間、~する一方で、~ではあるが

今回の問題文では、whileの後ろに(S+V)がありませんので、S+Vの両方を空所に入れる必要があります。そうすると、選択肢の中では:

(B) I wait

これしかありません。ただ、これが正解ではない理由があります。それは、時制

冒頭の「I spent」が過去形ですから、文意からして過去形でないとおかしくなります。「待った」のと「何時間も費やした」のは、同時に起こったことですから。

そうすると、while のもう1つの使い方がポイントになります。whileやwhenなどの接続詞は、後ろに続く「S+be動詞」を省略して「while ~ing」という形にすることができます。これをあてはめると、正解は(D) waiting

省略せずに書くと

while I was waiting anxiously for Candace's phone call.

これをより簡潔に、while waiting としたわけですね。

このように、ミステリー小説といえども、TOEICに無関係ってことはないのです。小説でも広告文でも記事でもレポートでも、いろんな英語に触れると「あ、これTOEICにも出てきた」という表現が発見できて、楽しく学習できるのでお勧め。

というわけで、もう4回目の開催となる「英語で読む:猫とミステリー小説講座」、楽しいだけではなく、たくさんの発見もある講座ですので、ぜひお試しくださいね。

ちなみに、以前の「みんなで模擬試験」の解説でも、whileの件を取り上げてもう少し詳しく説明していますので、そちらもご参照ください。
http://furusawahiromi.blog.jp/archives/25413217.html


オンライン講座の詳細・申込はこちらから

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
spend O ~ing:~するのにO(時間)を費やす
spent :spendの過去形・過去分詞、
piece :(ピースとピースを)つなぎ合わせる
anxiously :心待ちにして、待ちわびて
while :接続詞 ~の間、~する一方で、~ではあるが
   ★名詞の意味もある(しばらくの時間)

「TOEICat問題」の一覧を作りました!
mogitest


役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!

英語屋特製ゆる猫スタンプ発売中です


eigoyavocab at 18:00|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

TOEICat問題 その39 (猫ミステリー小説・第5章より)

今日のTOEICat問題は、Part5タイプ。「英語で読む:猫とミステリー小説講座」で取り上げる小説より、抜粋して作問してみました。

The Cat, The Quilt and The Corpse の、第5章より)

Martha was (-------) on her work,
a large rotary cutter slicing through several layors
of the fabrics her customer had picked out.

(A) intent
(B) intention
(C) intend
(D) intended

(私が最近燃えているのは、TOEICat問題作成と、こんな画像編集)

OnedayCM_image日程なし

それでは本文を訳してみましょう:

Martha was (-------) on her work,
 マーサは、彼女の作業に(?)だった、
a large rotary cutter slicing through 
 大きな回転式のカッターが切断している
several layors of the fabrics her customer had picked out. 
 布地の層をいくつかを、顧客が選んだ(布地)。

空所の前にbe動詞があるので、選択肢に入る可能性があるのは、
 ・名詞 (補語になる)
 ・形容詞 (補語になる)
 ・動詞の過去分詞 (受動態)
の3つ(この問題の選択肢の中では)。

あとは意味で判断しましょう。選択肢の意味は、それぞれ:

(A) intent (形)没頭している、集中している (名)意図、意向
(B) intention (名)意図、意向
(C) intend (動)意図する
(D) intended (動)↑ の過去形、過去分詞

そう正解は (A) intent。名詞にもなる語ですが、ここでは形容詞として使用されていますね。「マーサは、彼女の作業に没頭していた・集中していた」。「ああ、安易に過去分詞を選んでしまった~」と悔やんでいる方もいらっしゃるでしょうね。語彙の豊富な知識が試される問題でした。

このように、ミステリー小説といえども、TOEICに無関係ってことはないのです。小説でも広告文でも記事でもレポートでも、いろんな英語に触れると「あ、これTOEICにも出てきた」という表現が発見できて、楽しく学習できるのでお勧め。

そして、私がオンラインで開催する「英語で読む:猫とミステリー小説講座」で取り上げるのは、米国のごく普通の田舎町の住民がたくさん出てくる Cats in Trouble Mystery シリーズ。本格派ミステリーというわけではありませんが、人間ドラマ+猫ドラマ+ユーモア+ミステリーのミックスを楽しみたい方にはお勧めです。一緒に読みたくなった方、お待ちしていますね!

オンライン講座の詳細・申込はこちらから

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
be intent on ~ ~に没頭している
work 作業
rotary 回転式の
slice through  ~を切断する
layor 層、レイヤー
fabric 布地、繊維
pick out 選ぶ
intent (形)没頭している、集中している (名)意図、意向
intention (名)意図、意向
intend (動)意図する
「TOEICat問題」の一覧を作りました!
mogitest


役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!

英語屋特製ゆる猫スタンプ発売中です


eigoyavocab at 14:18|PermalinkComments(0)

2021年01月13日

TOEICat問題 その38 (猫ミステリー小説・著者)

2021年初めてのブログエントリーは、TOEICat問題!

英語屋でTOEIC指導を始めて、早いもので20年が経過。小説を読んでいても、ニュース記事を見ていても、自動的にTOEICとリンクしてしまうワタシです。今日は、昨年末にオンライン開催した「英語で読む:猫とミステリー小説講座」で取り上げた小説の著者、Leann Sweeney のオフィシャルブログから、Part7形式の問題を1つご用意しました。

ちなみに、こちらの講座、今は動画受講の受付中です
それでは、著者のプロフィールに関する文章を読んで、1問答えてみましょう!
(出典:http://www.leannsweeney.com/bio/ より一部抜粋)

Leann Sweeney was born and raised in Niagara Falls. 
She has a degree from the University of Houston in behavioral science and 
worked for many years in psychiatry and as a school nurse. 
She began crafting fiction in 1980, fulfilling her lifelong dream. 
Two of her books climbed all the way to the NY Times bestseller list
for mass market paperbacks. 
She now lives in South Carolina with husband Mike,
her two cats and mini-labradoodle.

Q: What is suggested about Ms. Sweeney?

(A) She has a degree in literature.
(B) She used to work for the NY Times.
(C) She has authored more than two books.
(D) She completed her education in her hometown.

こちらの画像にある pawsitive とは positivepopaw(動物の手足)にもじったもの。犬猫関係の記事やquote(引用句)には、頻出です。
無題
(最近のお気に入り、ふわふわボールを放さないミヤ。
毎日薬が欠かせない持病持ちですが、いつもpawsitiveです!)

それでは本文を訳してみましょう:

Leann Sweeney was born and raised in Niagara Falls. 
 リアン・スィーニーはナイアガラフォールズで生まれ育てられた。
She has a degree from the University of Houston in behavioral science and 
 彼女は学位を取得した、ヒューストン大学で行動科学の、そして
worked for many years in psychiatry and as a school nurse.
 長年働いた、精神科で、そして保健室の先生として。

She began crafting fiction in 1980, fulfilling her lifelong dream. 
 彼女が小説を制作し始めたのは1980年で、生涯の夢を実現した
Two of her books climbed all the way 
 彼女の小説をうちの2冊は上り詰めた
to the NY Times bestseller list 
 ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに
for mass market paperbacks. 
 マスマーケット・ペーパーバック(文庫本)として。
She now lives in South Carolina with husband Mike, 
 彼女は現在サウスカロライナ州に住んでいる、夫のマイクと 
her two cats and her mini-labradoodle.
 2匹の猫、そしてミニ・ラブラドードル(犬)と。

元・保健の先生とは珍しい経歴ですよね。ただ、ミステリー小説の女王・アガサ・クリスティーも、第一次世界大戦中に薬剤師の助手を務めていて、そこで得た知見を殺人のトリック(毒殺等)に使ったそうですから、結構「医療従事者」がミステリー小説家に転じるケースって多いのかもしれません。
(ちなみに、クリスティの小説に関するブログエントリーもたくさん


それでは、答え合わせです:

Q: What is suggested about Ms. Sweeney?
 スィーニーさんについてわかることは何?

(A) She has a degree in literature.
 文学の学位を有している。
(B) She used to work for the NY Times. 
 かつて、ニューヨークタイムズ紙で勤めていた
(C) She has authored more than two books.
 2冊を超える著作がある
(D) She completed her education in her hometown.
 故郷の町で、教育を終えた

正解は(C) 。本文中の "Two of her books ~ NY Times bestseller list" という点から「3冊以上の著作があって、そのうちの2冊がベストセラー」であると読み取るところがミソ。もし2冊しか書いていないなら、both of her two books と記述しますものね。このような読み取りは、TOEIC頻出でもあります。

米国のごく普通の田舎町の住民がたくさん出てくるのが Leann Sweeney 氏の Cats in Trouble Mystery シリーズ。本格派ミステリーというわけではありませんが、人間ドラマ+猫ドラマ+ユーモア+ミステリーのミックスを楽しみたい方にはお勧めです。今年もミステリー小説楽しむぞ~!また講座開講の際には、このブログでも告知しますね。

こんな時期ではありますが、let's stay pawsitive! (前向きでいようね!)



(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
suggest 示唆する、ほのめかす
degree  学位
craft 作り上げる、工芸
fulfill 実現する、果たす
climb all the way to  ~まで上り詰める
used to do かつて~だった
author 著者、(本を)著す
complete 完了する
positive 肯定的な、前向きの、楽観的な
「TOEICat問題」の一覧を作りました!
mogitest


役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!

英語屋特製ゆる猫スタンプ発売中です


eigoyavocab at 19:00|PermalinkComments(0)

2020年12月31日

猫とミステリー(2)第1章からTOEIC問題

2020年は、世界中がそうだったように、英語屋にとっても、大きな変化の年でした。オンライン授業への全面的な移行、それに伴う教室移転・・。もがきながら泳ぎ続けた1年でしたが、最後に実施した「猫&ミステリー小説講座」のおかげで、ほっこりとした気持ちで締めくくることができました。大好きな「英語」と「猫」と「ミステリー小説」にどっぷり浸かった1時間半。ありがたいことに"続編"のご希望もたくさんいただいたので、来年もやりま~す!

さて今回は、この講座で読んだ小説「The Cat, The Quilt and The Corpse」の第1章から、TOEIC風の問題を1つ作ってみました(一部、言葉を加筆修正しています)。

I had printed out fifty copies of the flyer
with Syrah's best picture (-------) in the center.

(注:Syrah = 主人公の飼い猫の名前)

(A) prominent
(B) profound
(C) prevalent 
(D) premature

和訳と解説はこの下 

(ちなみにこれは講座資料のうちの1枚。
 こんな感じで、全ページに遠慮なく猫写真をぶちこみましたよ~!)
powerpointスライドp3_pages-to-jpg-0001

I had printed out fifty copies of the flyer 
 私は印刷した、チラシを50枚
with Syrah's best picture (-------) in the center.
 Syrah の一番いい写真を真ん中に(?)

この with Syrah's best picture (-------) の部分は、
[前置詞 with] +[名詞]+[形容詞]。
いわゆる「付帯状況」を表す文構造で、「Syrahの一番いい写真」が「どんな状態で」掲載されているのかを示しています。従って、空所には写真の状態を表現する単語を選ぶ必要があります。

選択肢のそれぞれの意味は:

(A) prominent 目立っている
(B) profound 多大な、深刻な
(C) prevalent  普及している
(D) premature  時期尚早の

そう、正解は (A) prominent。TOEICでは「有名な」という意味での登場が多く、
famous / renowned などとの言い換えに要注意の単語ですが、こちらの文では「目立っている状態」を表していました。

おそらく、こんなチラシでしょう(with sleeping Tetsu prominent in the center)。
new year

ちなみに prominent は、先日「動画」も作ったのでした。
こちらもよろしければどうぞ~。


テクノロジーには疎い私が、今年は動画や画像で遊ぶ術をちょっぴり身につけ、こっそりひっそり披露してきました。来年はもっと腕を磨いて、少しでも記憶に残るものをご提供したいなと思ってます。どうぞごひいきに!

それでは、皆さまどうぞよいお年をお迎えください。来年は更によい年になりますように。。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
copy / copies 部、冊
flyer  チラシ
prominent 目立っている
profound 多大な、深刻な
prevalent  普及している
premature 時期尚早の
「TOEIC公式みんなで模擬受験の解説」一覧を作りました!
mogitest


「TOEICat問題」の一覧を作りました!
mogitest

役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!

英語屋特製ゆる猫スタンプ発売中です


eigoyavocab at 15:41|PermalinkComments(0)