Part5

2020年01月26日

TOEICat問題 その37 (Clifton Chronicles)

今年に入って、初のTOEICat問題はTOEICのPart5(短文穴埋め問題)です。
珍しく cat とは無関係の英文ですが、その理由はのちほど。

Sir Walter is (-------) the finest men I've ever known. 

(A) into
(B) such
(C) together
(D) among

IMGP0609
(Fuku, the finest cat?)

TOEICのPart5にしては、ちょっと異色の英文ですよね。・・実は、私が今はまっている小説の一節なのですが、それはあとでお話しするとして、まずは、選択肢を確認しましょう。

(A) into 前置詞
(B) such  形容詞
(C) together 副詞
(D) among 前置詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

S: Sir Walter 
V: is
C: (空所)+ the finest men

空所の後ろの「the finest men」とセットになる語を選べばよさそうです。
まず、消去できるのは together(副詞)。副詞は様々な語句を修飾しますが、名詞のかたまりを前から修飾する働きはありません。
続いて、such。「such (a/an) 名詞」という形にはなりますが、suth the ~という用法はありません。したがってこれもNG。

残るのは、前置詞の2つです。文法的にはどちらも名詞とセットになるので、問題ありません。意味で検討しましょう。into は「~の中に(向かって)」、amongは「~の中に囲まれている、含まれている」。そう、正解は(D) amongですよね。

Sir Walter is among the finest men.
(Sir Walterは 最も優れた人物の中に含まれている)

この意味でのamongは頻出ですので押さえておきましょう!
言い換えると、

Sir Walter is [ one of ] the finest men.

どちらの場合も、後ろには複数名詞を置きます。

さて、この文の出所ですが、私が現在はまっているこの小説からです:

Jeffrey Archer 著

"Only Time Will Tell" (邦題:時のみぞ知る)


Harry Cliftonという少年を主人公にした一代記(chronicle)です。上記のセリフに出てくるSir Walter (Barrington)とは、主人公 Harry の地元の名士。Harryの父親の死の真相を知っている人物(Hugo Barrington)の父親です。どんな人物なのかとHarryが尋ねると、港で働く老人はこう答えます:

老人:Sir Walter is among the finest men I've ever known. 
 ウォルターさんは、わしが知る中でも、最も優れた人物の一人だよ。

Harry : But what about his, son Mr. Hugo?
 だけど、彼の息子のHugoさんはどうなの?

老人:Not cut from the same cloth, I fear.
 同じ布から切り取られてはいないな、残念ながら。

"cut from the same cloth"・・同じ布から切り取られる=同類、瓜二つ・・という英語表現です。おもしろいですよね。確かに、同じ布から切り取ったら、全く成分も性質も同じですものね。

【ご案内】英語屋の2月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


ジェフリー・アーチャーは初めて読んだのですが、ドキドキわくわく、サスペンスの要素も多分にありながら、第二次世界大戦前夜のイギリスの雰囲気も楽しめました。今日から2作目(全7編)に突入します!私のツボにはまったのは、「歴史好き」という側面もありますが、「Harryという主人公の名前」、「貧乏で苦労した子供時代」、「頼りになる擁護者の存在」、「寄宿学校への進学」、「友人の妹と恋に落ちる」・・といった要素が、Harry Potterにそっくりだという点も。ハリポタファンの皆さんも、ぜひ読んでみてくださいね。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
among the 最上級 ~のうちの一人(一つ)
what about ~?   ~はどう?いかが?
cloth  布


eigoyavocab at 17:11|PermalinkComments(0)

2019年06月02日

TOEICat問題 その31

先週のTOEIC LR公開テストは、第240回。2016年に新形式になってから、早いものでこれで31開催されましたね。最初の頃と比べると、かなり出題の傾向も変わってきています。

今日ご紹介するのはTOEICのPart5(短文穴埋め問題)。毎回出題されるわけではありませんが、時折「比較」関連の問題が出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう~!

According to a recent research finding, some cats can be trained as (-------) as dogs. 

(A) through
(B) thoroughness
(C) thorough
(D) thoroughly

(参考にしたのはこちらの記事。実際は、ちょっと違うことが書いてあります。)
IMG_0085
(テコでも動く気のないテツ。ベランダ散歩したいって言うたのは自分やん!)

選択肢を見ると、thorough の派生語と through が混ざっています。これらの品詞を先に確認すると:

(A) through 前置詞、形容詞、副詞
(B) thoroughness 名詞
(C) thorough 形容詞
(D) thoroughly 副詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

M: According to a recent research finding,
S: some cats
V: can be trained

続きには、「as ~ as」という比較表現を含んでいます。

as (-------) as dogs.

犬と同じくらい(-------)。

こう考えると、空所には述語動詞(can be trained)を修飾する語を入れるのが自然ですね。動詞を修飾するのは「副詞」なので、正解は(D) thoroughly
比較表現であることを意識せず、普通の品詞問題と同様に判断すれば解ける問題でした。

和訳すると:

According to a recent research finding,
 ある最近の調査結果 によると
some cats can be trained
 一部の猫は 訓練されることができる
as (thoroughly) as dogs. 
 犬と同じくらい充分に・徹底的に

こんなふうに「as ~ as」の問題は、これをいったん無視して品詞を判断する癖をつけるといいですね。例えば、こんな文なら:

The preparation must be as (-------) as possible.

as ~ as」を無視すると、SVC(補語)のシンプルな文が見えてきます。
C(補語)になるのは、副詞ではなく、形容詞が適切ですね。

The preparation must be as (thorough) as possible.
 その準備は できるだけ徹底的でなくてはならない。

【ご案内】英語屋の6月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


しかし、猫を訓練するって、きっと大変でしょうね~。食いしん坊テツに何かを教えるためには、とんでもない量のオヤツが必要で、結果、とんでもないデブ猫になってしまいそうです。

いいんです、猫はそこにいるだけね。ね、テツ!
IMG_1616

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
according to  ~によると、
recent 先日の、最近の(「ちょっと過去」を指す)
finding 結果、発見
as (形容詞 or 副詞)as ~  ~と同じくらい・・
preparation 準備
through (前置詞)~を通して、通って、
    (形)通しの、直通の(副)通しで、ずっと
thoroughness (名)徹底、完全
thorough(形)徹底的な、十分な、完全な
thoroughly(副)徹底的に、完全に、十分に


eigoyavocab at 11:20|PermalinkComments(0)

2019年03月16日

TOEICat問題 その26

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)では、品詞や動詞の形を問う問題も数多く出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。。

(-------) to the product label for a complete list of risks and
precautions before you feed the food to your cats.

(A) Refer  
(B) Reference
(C) Referring
(D) Referral

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)

IMG_1489
(今日のごはんは、フク猫の開き~!)

選択肢を見ると、refer の派生語が並んでいます。これらの品詞を先に確認すると:

(A) Refer  動詞
(B) Reference 名詞
(C) Referring 動詞の~ing形
(D) Referral 名詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。beforeの前後で見るとわかりやすいです。

(-------) to the product label / for a complete list of risks and precautions
( ? +M+M)
before / you / feed / the food / to your cats.
(接続詞+S+V+O+M )

そもそも接続詞の役割は、二つのS+V(節)を接着すること。
接続詞beforeが使われているということは、二つのS+V(節)がこの文にはあるはず。
しかし、beforeの前にはSもVもありません!これはどういうことだ!

選択肢の中に「名詞+動詞」の組み合わせがあれば、それで決まりですが
残念ながら、それもありません。

そろそろピンと来た方もいらっしゃるでしょう。
このパターンに当てはまるのは、そう、主語が省略されているタイプの文です。
ズバリ命令文。命令文は主語(You)が省略され、動詞の原形からスタートします。

選択肢の中で、動詞の原形は(A) Refer  のみ。正解はこれですね!これを入れて和訳すると:

Refer to the product label
 製品ラベル参照してください、
for a complete list of risks and precautions
 リスクと事前の注意点完全なリストを見るために
before you feed the food to your cats.
 あなたがこのフードを猫に与える前に。

to / for は前置詞。前回の問題では前置詞をメインで取り上げましたが、そうではない英文でも、前置詞に気を付けて読むクセを付けていきましょう~!

★「奪取シリーズ」刊行イベントはいよいよ千秋楽!新たな内容のミニ講義、ぜひ聞きにきてくださいね~!

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
refer to ~ ~を参照する、見る、読む
reference 参照(図書)、人物紹介状(=推薦状)
referral 照会、紹介、推薦
complete 完全な
precaution 事前の注意(pre 前+caution 注意)
for ~ ~を見るために、手に入れるために
feed ~に食べ物を与える


eigoyavocab at 10:21|PermalinkComments(0)

2019年03月10日

TOEICat問題 その25

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)には、前置詞の意味や用法を問う問題もよく出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

Dr. Olson's clinical interests are mainly ------- preventive care for cats and rabbits.

(A) of  
(B) to
(C) at
(D) in

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)

blog1928
(獣医さんに「この子ほど辛抱強い猫は見たことがない!」と言われたテツ。
おなかのエコーもへっちゃらです。)

選択肢には「前置詞」だけ。前置詞とは、読んで字のごとく「前に、置く、ことば(詞)」。何の前かというと「名詞」の「前に置く言葉」です。

この文では、空所の後ろ「preventive care」が「形容詞+名詞」なので、これとセットになる前置詞を選ぶわけです。

しかし、しかし、前置詞問題を解く際、前置詞の後ろ(つまり名詞)だけがポイントではありません。前置詞の前の語(名詞、形容詞、動詞など)が決め手になって、どの前置詞を選ぶべきかが決まるパターンも少なくないからです。

例えば:
 I will see you [-----] Monday.
この場合なら、空所の後ろの名詞、Mondayとセットになる「on」を選んで、「on Monday(月曜日に)」が正解。

一方、こちらの文では:
 I will see you a week  [-----] Monday.
空所の前の「a week」が鍵。「a week from~」で「~から1週間後」という意味になるので、正解は「from」。

さて、今回の問題は、「空所の前にヒント」「空所の後にヒント」いったいどちらだったのか。もしくは「空所の前・後、両方にヒント」があったのか。

まずは、文構造のチェックと、和訳をしてみましょう。

Dr. Olson's clinical interests are
 Olson博士の臨床上の関心は~にある
mainly ------- preventive care for cats and rabbits.
 主に、猫とウサギのための予防治療に(ある)

空所の前後の「mainly」「preventive care」とセットで使われる前置詞というのは特に決まっていませんが、注目したいのは、主語の interests (関心、興味)!そう、ピーンと来ませんか~。
interest in ~で「~に対する関心、興味」、これを形容詞にすると
(be) interested in ~で「~に関心、興味がある」。

そう、正解は in なのです。interest が主語、「in ~」が補語と、少し離れた位置に置かれていると、それだけで難度が増しますね。前置詞問題、決してあなどることなかれ~!(予告:しばらく、前置詞問題続きます。)

★「奪取シリーズ」刊行イベントはまだまだ続きます!ミニ講義、ぜひ聞きにきてくださいね~!

丸善丸の内本店 イベント詳細↓ (★古澤は不参加)
https://honto.jp/store/news/detail_041000031603.html%E2%80%A6

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
clinical  臨床の、診療の (クリニック clinic の形容詞形)
interest(s)  興味、関心、興味を持たせる
interest in ~ ~に対する関心、興味
(be) interested in  ~に関心、興味がある
mainly   主に
preventive  予防の、防止するための
care 治療、世話
a week from ~ ~から1週間


eigoyavocab at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年01月27日

TOEICat問題 その22

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)には、接続詞・前置詞・副詞の意味や用法を問う問題もよく出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

------ the long-lasting debate between dog loyalists and cat lovers
over which species is best, there's no disputing the statistics
that prove the cat is this country's most popular pet. 

(A) Although  
(B) Owing to
(C) Therefore
(D) Despite

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)blog1911
(顔デカ系の犬と猫:ハナちゃん&テツ。どっちも帽子から片耳出てます・・)

選択肢を見れば、接続詞・副詞・前置詞が混ざっていることがわかります。まずはどの品詞を選ぶべきなのか確認しましょう。空所の後ろの構造は:

debate (between A and B) over C : (AとBの間の)Cに関する論争

bedateはここでは「論争」という名詞であり、これを修飾する語句が前後にくっついている形(つまり、名詞のかたまり)なので、空所には「前置詞」が入ります。前置詞は名詞とセットになる語だからですね。

ちなみに、接続詞の後ろには「節(=主語+述語)」がくるのが一般的。副詞も名詞とセットになることはありません。

選択肢の中で、前置詞は(B) Owing to(~が原因で)、(D) Despite(~にもかかわらず)の2つ。あとは文の意味で検討しましょう。すると:

------ the long-lasting debate 
 長く続く論争------
between dog loyalists and cat lovers 
 犬愛好家と猫好きの間で
over which species is best, 
 どちらのが優れているかについての,

there's no disputing 
 異議を唱えることはできない
the statistics that prove
 ~だと示す統計
the cat is this country's most popular pet. 
 猫がこの国で最も人気のあるペットであると。

「犬猫どちらがより優れているかという論争はある『けれど』、統計では明らかに猫のほうが人気がある」という内容の文ですね。従って、正解は(D) Despite(~にもかかわらず)。

日本でも猫の飼育頭数が犬を上回ったそうですが、米国でも同じだと、このネタ元の記事は伝えています。わたしゃ、こう見えても、犬も猫も好きなので、どっちもかわいい♪でよいと思うのですけどね。。今日登場してもらったハナちゃん、最高にかわいいので、もう1枚写真つけとこっと。
blog1912


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
long-lasting 長く続く
debate over ~に関する議論、論争
species 種、種族(単数も複数も同じ形)
there is no ~ing ~することはできない
dispute  反論、異議
statistics 統計
prove 証明する、立証する
although  ~だけれども(接続詞)
owing to ~のせいで、~が原因で(前置詞)
therefore それゆえ (副詞)
despite ~にもかかわらず(前置詞)



eigoyavocab at 11:52|PermalinkComments(0)