Part5

2020年07月06日

「みんなで模擬試験」解説編 Q.106

6/28(日)の「 TOEIC(R) 公式みんなで模擬受験」から1週間。受験された皆さん、お疲れさまでした!あれから、復習や見直し進んでいますか~?

問題と正解は公開されているものの、解説がないので、このブログでも少しずつ解説していきますね。

今日は、英語屋の受講生の中でご質問が多かったPart5の問題から。

Q.106 
Dr. Sangjung Kim worked for many years at Weston Hospital 
------- coming to Sudbury Medical Group.

(A) because
(B) before
(C) whereas
(D) while

(まだ解いていない!という方は、この先は解いてからご覧ください。)
blog13
(テツも見ないようにしています)

Part5は、まず選択肢を見るのが鉄則。論点が把握できます。
(A) because
(B) before
(C) whereas
(D) while

「はいはい、接続詞・前置詞の論点ね!」とピンときた方
 ⇒ 素晴らしい、よくわかってらっしゃる。
「え、わからなかった・・」という方
 ⇒ この論点よく出るので、今回しっかり学んでいきましょう~。

ポイントは空所の後ろ。通常は:
 ・空所の後ろが名詞・動名詞のかたまり(句)前置詞
 ・空所の後ろが主語+述語のかたまり(節)接続詞
ではないかな~と、まず疑います。

今回の問題では、空所の後ろは「coming to Sudbury Medical Group」と、一見「動名詞(-ing)」から始まる「句」のようです。ならば、前置詞を入れるのが鉄則。選択肢の中で前置詞は:

(B) before

だけ。この語は、前置詞にも接続詞にもなります。ちなみにafterも同じく。

これを当てはめて訳してみましょう。

Dr. Sangjung Kim worked for many years at Weston Hospital 
 Dr. Sangjung Kimは何年も勤務した、Weston病院で、
(before) coming to Sudbury Medical Group.
 Sudbury Medical Groupに来る前に。

と、意味でも問題なし!というわけで正解は(B)でした。

----- 以下の解説は、もっと深読みしてしまった方向け ----

このように単純に解ける問題ではあるのですが、深読みして、こんなふうに考えた方もいらっしゃったのでは?

while -ing ってなることもあるから、whileも前置詞じゃないの!?」

確かに、whileやwhenなどの接続詞は、後ろに「S+V」ではなく「~ing」を伴うことが少なくありません。TOEICでも頻出です。例えば:

Put down your cellphone while driving.
 携帯電話を使わないで、運転中は。

Some restaurants require face masks when entering.
 レストランの一部は、マスクを必要とする、入店時に。

ただ、これらは決して「前置詞」として使用されているわけではなく、単なる「省略」表現です。省略せずに書いてみると:

Put down your cellphone while you are driving.

Some restaurants require face masks when you are entering.

そう、主語とbe動詞を省略しているわけですね。なので、~ing以外に、こんな文も可能です:

We are available to provide assistance when requested.【when+過去分詞】
 私たちは援助を提供することができます、要請されたときに。
 ⇒ when we are requested

You should wear a budge while on duty.【when+前置詞+名詞】
 バッジを着用するべきだ、勤務中は。
 ⇒ while you are on duty

というわけで、品詞はwhileは接続詞であるにも関わらず、後ろに「~ing」を取ることがあります。

なので、while は確かに「正解候補の1つ」。ただ残念ながら、この問題では意味が合わずに不正解なんですよね~。当てはめて訳してみると:

Dr. Sangjung Kim worked for many years at Weston Hospital 
 Dr. Sangjung Kimは何年も勤務した、Weston病院で、
(while) coming to Sudbury Medical Group.
 Sudbury Medical Groupに来る間に。

これでは意味をなしませんよね。残念~。

この文が、例えばこういう形なら、whileでも正解でした。

Dr. Sangjung Kim worked for many years at Weston Hospital 
 Dr. Sangjung Kimは何年も勤務した、Weston病院で、
(while) authoring a number of crime novels. 
 執筆する間、多くの犯罪小説を。

省略の話は、また別の機会に詳しくやりましょう。

【ご案内】英語屋の6月コース 体験受講受付中!


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
because (接続詞)~が原因で
before(接続詞・前置詞)~の前に
whereas(接続詞)~だけれども
while(接続詞)~の間、~である一方
put down ~を下ろす、下に置く
cellphone 携帯電話 
require ~を要求する、必要とする
available  入手・利用可能な、手が空いている
assistance 援助、支援
author 著者、~を著す
a number of  多くの~
novel 小説、新しい(←新型コロナウイルスの「新型」は英語でnovel)


「TOEIC公式みんなで模擬受験の解説」一覧を作りました!
mogitest


役に立った!という方は下記のボタンをクリックorタップ!



eigoyavocab at 15:52|PermalinkComments(0)

2020年01月26日

TOEICat問題 その37 (Clifton Chronicles)

今年に入って、初のTOEICat問題はTOEICのPart5(短文穴埋め問題)です。
珍しく cat とは無関係の英文ですが、その理由はのちほど。

Sir Walter is (-------) the finest men I've ever known. 

(A) into
(B) such
(C) together
(D) among

IMGP0609
(Fuku, the finest cat?)

TOEICのPart5にしては、ちょっと異色の英文ですよね。・・実は、私が今はまっている小説の一節なのですが、それはあとでお話しするとして、まずは、選択肢を確認しましょう。

(A) into 前置詞
(B) such  形容詞
(C) together 副詞
(D) among 前置詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

S: Sir Walter 
V: is
C: (空所)+ the finest men

空所の後ろの「the finest men」とセットになる語を選べばよさそうです。
まず、消去できるのは together(副詞)。副詞は様々な語句を修飾しますが、名詞のかたまりを前から修飾する働きはありません。
続いて、such。「such (a/an) 名詞」という形にはなりますが、suth the ~という用法はありません。したがってこれもNG。

残るのは、前置詞の2つです。文法的にはどちらも名詞とセットになるので、問題ありません。意味で検討しましょう。into は「~の中に(向かって)」、amongは「~の中に囲まれている、含まれている」。そう、正解は(D) amongですよね。

Sir Walter is among the finest men.
(Sir Walterは 最も優れた人物の中に含まれている)

この意味でのamongは頻出ですので押さえておきましょう!
言い換えると、

Sir Walter is [ one of ] the finest men.

どちらの場合も、後ろには複数名詞を置きます。

さて、この文の出所ですが、私が現在はまっているこの小説からです:

Jeffrey Archer 著

"Only Time Will Tell" (邦題:時のみぞ知る)


Harry Cliftonという少年を主人公にした一代記(chronicle)です。上記のセリフに出てくるSir Walter (Barrington)とは、主人公 Harry の地元の名士。Harryの父親の死の真相を知っている人物(Hugo Barrington)の父親です。どんな人物なのかとHarryが尋ねると、港で働く老人はこう答えます:

老人:Sir Walter is among the finest men I've ever known. 
 ウォルターさんは、わしが知る中でも、最も優れた人物の一人だよ。

Harry : But what about his son, Mr. Hugo?
 だけど、彼の息子のHugoさんはどうなの?

老人:Not cut from the same cloth, I fear.
 同じ布から切り取られてはいないな、残念ながら。

"cut from the same cloth"・・同じ布から切り取られる=同類、瓜二つ・・という英語表現です。おもしろいですよね。確かに、同じ布から切り取ったら、全く成分も性質も同じですものね。

【ご案内】英語屋の2月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


ジェフリー・アーチャーは初めて読んだのですが、ドキドキわくわく、サスペンスの要素も多分にありながら、第二次世界大戦前夜のイギリスの雰囲気も楽しめました。今日から2作目(全7編)に突入します!私のツボにはまったのは、「歴史好き」という側面もありますが、「Harryという主人公の名前」、「貧乏で苦労した子供時代」、「頼りになる擁護者の存在」、「寄宿学校への進学」、「友人の妹と恋に落ちる」・・といった要素が、Harry Potterにそっくりだという点も。ハリポタファンの皆さんも、ぜひ読んでみてくださいね。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
among the 最上級 ~のうちの一人(一つ)
what about ~?   ~はどう?いかが?
cloth  布


eigoyavocab at 17:11|PermalinkComments(0)

2019年06月02日

TOEICat問題 その31

先週のTOEIC LR公開テストは、第240回。2016年に新形式になってから、早いものでこれで31開催されましたね。最初の頃と比べると、かなり出題の傾向も変わってきています。

今日ご紹介するのはTOEICのPart5(短文穴埋め問題)。毎回出題されるわけではありませんが、時折「比較」関連の問題が出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう~!

According to a recent research finding, some cats can be trained as (-------) as dogs. 

(A) through
(B) thoroughness
(C) thorough
(D) thoroughly

(参考にしたのはこちらの記事。実際は、ちょっと違うことが書いてあります。)
IMG_0085
(テコでも動く気のないテツ。ベランダ散歩したいって言うたのは自分やん!)

選択肢を見ると、thorough の派生語と through が混ざっています。これらの品詞を先に確認すると:

(A) through 前置詞、形容詞、副詞
(B) thoroughness 名詞
(C) thorough 形容詞
(D) thoroughly 副詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

M: According to a recent research finding,
S: some cats
V: can be trained

続きには、「as ~ as」という比較表現を含んでいます。

as (-------) as dogs.

犬と同じくらい(-------)。

こう考えると、空所には述語動詞(can be trained)を修飾する語を入れるのが自然ですね。動詞を修飾するのは「副詞」なので、正解は(D) thoroughly
比較表現であることを意識せず、普通の品詞問題と同様に判断すれば解ける問題でした。

和訳すると:

According to a recent research finding,
 ある最近の調査結果 によると
some cats can be trained
 一部の猫は 訓練されることができる
as (thoroughly) as dogs. 
 犬と同じくらい充分に・徹底的に

こんなふうに「as ~ as」の問題は、これをいったん無視して品詞を判断する癖をつけるといいですね。例えば、こんな文なら:

The preparation must be as (-------) as possible.

as ~ as」を無視すると、SVC(補語)のシンプルな文が見えてきます。
C(補語)になるのは、副詞ではなく、形容詞が適切ですね。

The preparation must be as (thorough) as possible.
 その準備は できるだけ徹底的でなくてはならない。

【ご案内】英語屋の6月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


しかし、猫を訓練するって、きっと大変でしょうね~。食いしん坊テツに何かを教えるためには、とんでもない量のオヤツが必要で、結果、とんでもないデブ猫になってしまいそうです。

いいんです、猫はそこにいるだけね。ね、テツ!
IMG_1616

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
according to  ~によると、
recent 先日の、最近の(「ちょっと過去」を指す)
finding 結果、発見
as (形容詞 or 副詞)as ~  ~と同じくらい・・
preparation 準備
through (前置詞)~を通して、通って、
    (形)通しの、直通の(副)通しで、ずっと
thoroughness (名)徹底、完全
thorough(形)徹底的な、十分な、完全な
thoroughly(副)徹底的に、完全に、十分に


eigoyavocab at 11:20|PermalinkComments(0)

2019年03月16日

TOEICat問題 その26

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)では、品詞や動詞の形を問う問題も数多く出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。。

(-------) to the product label for a complete list of risks and
precautions before you feed the food to your cats.

(A) Refer  
(B) Reference
(C) Referring
(D) Referral

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)

IMG_1489
(今日のごはんは、フク猫の開き~!)

選択肢を見ると、refer の派生語が並んでいます。これらの品詞を先に確認すると:

(A) Refer  動詞
(B) Reference 名詞
(C) Referring 動詞の~ing形
(D) Referral 名詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。beforeの前後で見るとわかりやすいです。

(-------) to the product label / for a complete list of risks and precautions
( ? +M+M)
before / you / feed / the food / to your cats.
(接続詞+S+V+O+M )

そもそも接続詞の役割は、二つのS+V(節)を接着すること。
接続詞beforeが使われているということは、二つのS+V(節)がこの文にはあるはず。
しかし、beforeの前にはSもVもありません!これはどういうことだ!

選択肢の中に「名詞+動詞」の組み合わせがあれば、それで決まりですが
残念ながら、それもありません。

そろそろピンと来た方もいらっしゃるでしょう。
このパターンに当てはまるのは、そう、主語が省略されているタイプの文です。
ズバリ命令文。命令文は主語(You)が省略され、動詞の原形からスタートします。

選択肢の中で、動詞の原形は(A) Refer  のみ。正解はこれですね!これを入れて和訳すると:

Refer to the product label
 製品ラベル参照してください、
for a complete list of risks and precautions
 リスクと事前の注意点完全なリストを見るために
before you feed the food to your cats.
 あなたがこのフードを猫に与える前に。

to / for は前置詞。前回の問題では前置詞をメインで取り上げましたが、そうではない英文でも、前置詞に気を付けて読むクセを付けていきましょう~!

★「奪取シリーズ」刊行イベントはいよいよ千秋楽!新たな内容のミニ講義、ぜひ聞きにきてくださいね~!

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
refer to ~ ~を参照する、見る、読む
reference 参照(図書)、人物紹介状(=推薦状)
referral 照会、紹介、推薦
complete 完全な
precaution 事前の注意(pre 前+caution 注意)
for ~ ~を見るために、手に入れるために
feed ~に食べ物を与える


eigoyavocab at 10:21|PermalinkComments(0)

2019年03月10日

TOEICat問題 その25

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)には、前置詞の意味や用法を問う問題もよく出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

Dr. Olson's clinical interests are mainly ------- preventive care for cats and rabbits.

(A) of  
(B) to
(C) at
(D) in

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)

blog1928
(獣医さんに「この子ほど辛抱強い猫は見たことがない!」と言われたテツ。
おなかのエコーもへっちゃらです。)

選択肢には「前置詞」だけ。前置詞とは、読んで字のごとく「前に、置く、ことば(詞)」。何の前かというと「名詞」の「前に置く言葉」です。

この文では、空所の後ろ「preventive care」が「形容詞+名詞」なので、これとセットになる前置詞を選ぶわけです。

しかし、しかし、前置詞問題を解く際、前置詞の後ろ(つまり名詞)だけがポイントではありません。前置詞の前の語(名詞、形容詞、動詞など)が決め手になって、どの前置詞を選ぶべきかが決まるパターンも少なくないからです。

例えば:
 I will see you [-----] Monday.
この場合なら、空所の後ろの名詞、Mondayとセットになる「on」を選んで、「on Monday(月曜日に)」が正解。

一方、こちらの文では:
 I will see you a week  [-----] Monday.
空所の前の「a week」が鍵。「a week from~」で「~から1週間後」という意味になるので、正解は「from」。

さて、今回の問題は、「空所の前にヒント」「空所の後にヒント」いったいどちらだったのか。もしくは「空所の前・後、両方にヒント」があったのか。

まずは、文構造のチェックと、和訳をしてみましょう。

Dr. Olson's clinical interests are
 Olson博士の臨床上の関心は~にある
mainly ------- preventive care for cats and rabbits.
 主に、猫とウサギのための予防治療に(ある)

空所の前後の「mainly」「preventive care」とセットで使われる前置詞というのは特に決まっていませんが、注目したいのは、主語の interests (関心、興味)!そう、ピーンと来ませんか~。
interest in ~で「~に対する関心、興味」、これを形容詞にすると
(be) interested in ~で「~に関心、興味がある」。

そう、正解は in なのです。interest が主語、「in ~」が補語と、少し離れた位置に置かれていると、それだけで難度が増しますね。前置詞問題、決してあなどることなかれ~!(予告:しばらく、前置詞問題続きます。)

★「奪取シリーズ」刊行イベントはまだまだ続きます!ミニ講義、ぜひ聞きにきてくださいね~!

丸善丸の内本店 イベント詳細↓ (★古澤は不参加)
https://honto.jp/store/news/detail_041000031603.html%E2%80%A6

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
clinical  臨床の、診療の (クリニック clinic の形容詞形)
interest(s)  興味、関心、興味を持たせる
interest in ~ ~に対する関心、興味
(be) interested in  ~に関心、興味がある
mainly   主に
preventive  予防の、防止するための
care 治療、世話
a week from ~ ~から1週間


eigoyavocab at 10:00|PermalinkComments(0)