アガサクリスティ

2019年01月30日

思てたのと違う論点(1)

アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語があります。これまでにご紹介したのは drawing / row / invalid / start

そして今日ご紹介するのは単語ではなく、TOEICにも頻出の「文法の論点」です。ズバリ、テーマは「数の一致」。

今日の一節は、クリスティの「火曜クラブ」という短編集より。

いたずら好きの男の子、Tommyが、先生にこう尋ねました:

Teacher, do you say
yolk of eggs is white or 
yolk of eggs are white?

すると先生は、こう答えます:

Anyone would say
yolks of eggs are white, or
yolk of egg is white.

ただ、この先生の解答、実は間違っています。
ヒントは「Tommyはいたずら好き」&「yolkとは何か」。さて、オチはいったい・・?

blog1913
(Whiskers(ひげ)of cats・・・are white?)

まずはTommyくんの質問を訳してみましょう。

Teacher, do you say 
先生、あなたは
yolk of eggs is white or 
「卵のyolkは白い 」と言いますか?それとも
yolk of eggs are white?
「卵のyolkは白い 」と言いますか?

唯一の違いは、be動詞。is / are の違いを、選択疑問文(A or B) で尋ねています。

これに対して、先生は

Anyone would say
 誰でもこう言うでしょう、
yolkof eggs are white, or
「卵のyolkは白い 」もしくは
yolk of egg is white.
「卵のyolkは白い 」と。

つまり、先生の答えは
・主語が複数(yolks)なら、be動詞は are に。
・主語が単数(yolk)なら、be動詞は is に。
主語と述語の数を一致させるべき・・と答えています。うーん、いかにもTOEICに出そうな論点!

しかし、Tommyくん、こんなふうに答えます:

Well, I should say yolk of egg is yellow!
 うーん、僕ならこう言うよ。「卵のyolkは黄色い」ってね。

そう、オチは「yolk=黄身なので、white なわけはない」ってことでした。これ、私はすっかりひっかかってしまいましたよ・・Tommyくんのドヤ顔、そして先生の悔しそうな顔が目に浮かびます!

なぞなぞとしてはよくあるタイプの、1つの点に注目させて(この場合は「数の一致」)、他の論点に気付かせないようにする問題ですが、ただこれ、日本語では同じような問題は作れないですよね。「数の一致」という論点、使えませんから。日本語なら「ピザって10回言って・・じゃあ、ここは何と言う?」「ヒザ!」「ブー、ヒジでした~」と言う、「言い間違い」系の問題が多いかな。

この部分の翻訳は苦労されたでしょうね~!そういう目で原書と翻訳版を読み比べると面白そう。ちなみに「卵の白身」は単に「white」だそうです。

そして、うん、確かに「Whiskers of cats are white.」のほうは正しそうです。
ほら、少なくとも我が家では:
blog1914


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
I / You を除いて
・主語が複数なら、be動詞は are / were
・主語が単数なら、be動詞は is / was 




eigoyavocab at 12:00|PermalinkComments(0)

2018年11月20日

思てたのと違う語句(4)start


アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語をご紹介します。これまでにご紹介したのは drawing / row / invalid

そして今日ご紹介するのは start。TOEICで登場する意味は:

(動詞)始める
(名詞)開始

これくらいの意味なのですが、クリスティの小説では別の意味でも登場します。例えば:

He awoke some hours later, and awoke with a start.
-- オリエント急行の殺人

"Don't you agree, Pennyman?" An elderly man started and looked up.
-- メソポタミアの殺人 (一部略)

どちらも「始める、開始」という意味ではなさそうなことがわかりますね。
start の定義を Oxford Advanced Learner's Dictionary で見てみると

to move suddenly and quickly because you are surprised or afraid
 急に素早く動くこと、驚いたり、怖がったりしたために

blog33

(誰?You gave me a start, Fuku!)

そう、start には「驚きや恐怖のため、ビクっとする」という意味があるのです。startのそもそもの語源が「素早く動く、立ち上がる」という意味なので、素早い初期反応である「ビクっ、ギクっ」というのがstartというのは、なんだか納得ですよね。

それでは、先ほどの小説の一節も和訳しておきましょう:

He awoke some hours later, and awoke with a start.
 彼は数時間後に目覚めた、そしてビクっとして目覚めた。
-- オリエント急行の殺人

"Don't you agree, Pennyman?" 
 「Pennymanさん、僕と同意見じゃないですか?」
An elderly man started and looked up.
 高齢の男性はビクっとして顔を上げた。
-- メソポタミアの殺人 (一部略)

ちなみに、I often awake with a start, hearing a cat meowing in my face.
(猫が私の顔に向かってミャーと鳴くのを聞いて、ビクっとして目覚めます。)

blog35 (1)
(本気を出せば、こんなに美猫!)

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)

afraid 恐れる、怖がる
awake (過去形 awoke) 目覚める、起こす
elderly 高齢の
look up 見上げる




eigoyavocab at 11:46|PermalinkComments(0)

2018年11月07日

思てたのと違う語句(3)invalid

アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語をご紹介します。これまでにご紹介したのは drawing / row

そして今日ご紹介するのは invalid。TOEICで登場する意味は:

invalid (形容詞)  効力のない、無効な (★validの反意語)
(例) This contract is invalid.  この契約は無効だ。

これくらいの意味なのですが、クリスティの小説では、人のことを「invalid」だと表現します。例えば:

I was to go with an invalid lady, but it was cancelled at the last moment.
-- オリエント急行の殺人

She is an invalid, living up in Scotland, and they find out she hasn't long to live.
-- 予告殺人

この2つ目の例でみると、このinvalidは名詞としても使用されることがわかります。
というわけで、invalid(名詞)の定義を Oxford Advanced Learner's Dictionary で見てみると:

a person who needs other people to take care of them, 
  世話をしてくれる人を必要とする人
because of illness that they have had for a long time
  長い間の病気のために
blog25

(invalidな猫・・ではありません!へそ天=ヘソを天井に向けて仰向けに寝るのは、元気な証拠!)

そう、invalidは「病気の」「病人」という意味で、しかもちょっと風邪を引いたという程度ではなく、長患いの患者さんを指します。クリスティの小説の中でinvalidがたくさん登場するのは、当時は入院せずに、nurseを雇って自宅で療養したからですね。

それでは、先ほどの小説の一節も和訳しておきましょう:

I was to go with an invalid lady, 
私は病気の女性と行くはずだったのですが、
but it was cancelled at the last moment.
直前でキャンセルされました。
-- オリエント急行の殺人(看護師の証言)

She is an invalid, living up in Scotland, 
彼女は病人で、スコットランドに住んでいる。
and they find out she hasn't long to live.
そして、彼らは知る、彼女は長く生きられないと。
-- 予告殺人(彼女=莫大な財産を持つ女性)

・・ちなみに(for those who are interested)、テツはinvalidではなく、すっかり元気になりました~!

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
contract 契約(書)
invalid 無効な、効力のない
take care of ~の世話をする、~を処理する
because of ~が原因で
illness 病気
be to do ~することになっている
at the last moment 直前で、ギリギリで(=at the last minute)
find out  発見する、探り当てる、知ってしまう



eigoyavocab at 10:47|PermalinkComments(0)

2018年10月18日

思てたのと違う語句(2)row

アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語をご紹介します。前回ご紹介したのは drawing

そして今日ご紹介するのは row。TOEICで登場する row と言えば:
(1)名詞 →「列」 in a row (一列で)
(2)動詞 →「(ボートなどを)漕ぐ」rowing a boat (ボートを漕いでいる)

これくらいの意味なのですが、クリスティの小説では「have a row」という形でよく登場します。例えば、

Evie's had a row with Alfred Inglethorp, and she's off. 
-- スタイルズ荘の怪事件

She's the sort of woman who's never had a row with anyone in her life - 
but rows always happen where she is.
-- メソポタミアの殺人

どちらの小説も、複数の登場人物の中に存在する「不協和音」が鍵になっていて、上記の抜粋は、それを説明する部分です。

row の定義を Oxford Advanced Learner's Dictionary で見てみると:

(1) a serious disagreement between people, organizations, etc. about something
  あることに関する、人々や組織等の間の 深刻な論争・意見の不一致

(2) a noisy argument between two or more people
  2人以上の人による騒々しい口論・言い争い

そう、have a row は「ケンカする」ですね。ケンカといっても殴り合いとかではなく、あくまで口論。激しくののしりあうようなケンカ=rowです。

従って、この写真は row ではありません。
blog20
(ミヤが正義の猫パンチをニコに振り下ろそう・・というところ。でも倍ほど反撃されます。)

TOEICでは「ケンカや言い争い」がテーマになることは今のところありませんが、実社会を反映させるなら、今後、登場するかもしれません(・・?)

blog22
(ミヤにあえて噛まれるニコ・・このあと反撃に転じます)

それでは、先ほどの小説の一節も和訳しておきましょう:

Evie's had a row with Alfred Inglethorp, and she's off
  EvieさんはAlfred Inglethorpと言い争いをして出て行ったよ。

↑殺人事件が起こる数日前の出来事です。

She's the sort of woman who's never had a row with anyone in her life - but 
  彼女は、人生において誰とも口論をしたことがないけど
rows always happen where she is.
  彼女のいるところで、いさかいがいつも起こるタイプの女性だ。

↑殺人事件の被害者の女性について語られた一文。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
in a row   一列で、並んで
row a boat ボートを漕ぐ
disagreement 論争・意見の不一致
argument 言い争い・口論
the sort of 名詞 who ~ ~というタイプの[名詞]



eigoyavocab at 12:38|PermalinkComments(0)

2018年10月05日

思てたのと違う語句(1)drawing

アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語をご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのは drawing。TOEICで登場する drawing と言えば:
(1)動詞 draw のing形 →「~を引く」「~を引き寄せる」
(2)名詞 drawing →「絵画(線画、デッサン)」「くじ引き」

これくらいの意味なのですが、クリスティの小説では「drawing-room」という形でよく登場します。例えば、

Cynthia and I went and sat by the open window in the drawing-room.
-- スタイルズ荘の怪事件

I was walking up and down smoking in front of the drawing-room.
-- アクロイド殺し

どちらの小説も、屋敷の中で殺人事件が起こるわけですが、お屋敷には、この謎の部屋がたいてい登場します。

wikipediaの定義を読んでみると:

A drawing room is a room in a house
 drawing roomとは、家の中の部屋である
where visitors may be entertained, and
 そこは、訪問者を接待することができる場所であり、
a historical term for what would now usually be called a living room.
 現在では、たいてい「リビングルーム」と呼ばれるものに対する古い名称である。

blog17 (1)
(ニャンズの drawing roomを破壊するクラッシャー・テツ)

「客間」とか「応接間」と呼ばれるものですが、なぜdrawingなのか?

上記のwikipediaの説明によると、withdrawing roomから変化したそうです。
withdraw には「引き下がる」「撤退する」という意味がありますが、邸宅では食事をdining roomで終えると、女性が先に別の部屋に「引き下がって(withdraw)」食後の珈琲などをたしなみ、男性陣が後でそこに加わる・・という形をとったそうです。映画やドラマ(ダウントンアビーなど)で昔の英国貴族を描写したものを見たことのある方はイメージしやすいでしょうか。

それでは「スタイルズ荘の怪事件」より、1つ文を読んで挑戦です。
Q: 次のdraw (過去分詞はdrawn) の意味は何でしょう~?

Unconsciously, everyone had drawn his chair slightly away from him.
  無意識に、みんな彼から少しだけイスを・・・した。

A: 正解は
draw O away from ~ =「Oを~から引き離す」「Oを~から遠ざける」 

drawは他にも「カーテンを引く(開閉)」「注意を引く」「結論を導き出す」「客を呼び寄せる」といったふうに、様々な場面で、TOEICにも登場しますので、注目してみてくださいね。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
up and down  うろうろ、行ったり来たり
entertain 楽しませる、接待する
term 用語
withdraw 撤退する、撤回する、引き下がる、引き出す
slightly 少し
draw O away from ~ Oを~から引き離す、Oを~から遠ざける



英語屋のボキャログに「drawing」を掲載いたしました( ^ω^ )


eigoyavocab at 15:57|PermalinkComments(0)