TOEICat問題 その35Q&A diary (5) 2019/8月編

2019年08月24日

スピーキング・使える表現集(2)

スピーキング力の向上のため、2019年の年初から、オンライン英会話のNativeCamp.を利用している私。今日は最近学んだ単語・表現についてシェアしますね。

まずは、問題です!
次の意味を伝えたいなら、皆さんならどんな英語表現が頭に浮かびますか?

1.とっても疲れる(←精神的な疲労)
2.蒸し暑い(←空気がよどんでいて、むっとしている状態)
3.どっちでもいいよ(←二択で尋ねられて)

IMG_20190823_143924
(このニコの表情は、「とっても疲れてる」?
「どっちでもいいよ」な気分?)

1.とっても疲れる:draining

今回オーストラリア人の先生に教えてもらったのが、 draining。
発音は「ドゥレイニンg」。そもそも drain とは何かと言えば:

drain(動詞)流す、流れ出す、排水する
  (名詞) 排水管、流出


d + rain (雨)なので、雨がドドドと排水管を流れていく感じをイメージすれば、覚えやすい!ですよね(むりやり)。

で、これに-ingを付けて draining にすると「(元気を)流すような」=つまり「疲れさせる」という意味にもなるそうです。こんな話の中で、登場しました:

It is draining when you talk to someone who always says negative things.
 疲れるよね、否定的なことばかり言う人と話すと。

「疲れている」といえば、tired / exhaused をつい使ってしまいますが、精神的に「疲れるわ~」「ああしんど」という場合は、draining のほうがイメージに合いますね。今後使っていこうと思います。使うような場面は少ない方がいいけど。

2.蒸し暑い:stuffy

humid と言う言葉も「蒸し暑い」という意味で、ついこちらばかりを使っていましたが、イギリス人の先生が「今年のイギリスは暑くて気分悪い!」というときに使っていたのが stuffy。そもそも stuffと言えば:

stuff(動詞)詰め込む、詰め物をする
  (名詞)モノ、物事 
staff(スタッフ、職員)とは違います!

この形容詞が stuffy(発音:スタッフィ)。これは、部屋が「詰め物をされたみたいに、空気がうごかない状態」=空気がよどんで、むっとしている状態=蒸し暑い、という意味だそうです。

ちなみに「ぬいぐるみ」を英語では「stuffed animal」だと知ったときは、かなり衝撃でした。直訳すると「詰め物された動物」ですよ!!全然かわいくない

3.どっちでもいいよ: I can go either way.

二択で尋ねられたとき、私が言いがちなのは「Either is fine with me」「It doesn't matter to me」などですが、今回スイス人の先生が使っていたのが、この表現。例文を書いてみると:

A: Would you like to try Italian food or Spanish food?
  イタリア料理とスペイン料理、どっちを試したい?

B: I can go either way.

直訳すると「どちらの道でも行けます」ですが、これで「(二択のうち)どちらでも構わない」という意味になります。Part2の正解にも登場しそうですね~!

というわけで、今の自分が「使いがち」の単語や表現から、少しだけ背伸びして新たな語句を使うようにすると、いつのまにかそれらが「使いがち」の仲間入りをしているはず。そうやって一緒に伸ばしていきましょう~!

(ちなみに、上記の写真でニコの表情が意味するのは「早くこっちに来て、お腹をなでれ~」でした。我が家で一番、stuffed animal っぽいのが、ニコ。)

★TOEIC専門塾・英語屋の情報はこちらから~(各種・単発講座もやってます)。
 

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
drain(動詞)流す、流れ出す、排水する (名詞) 排水管、流出
draining(形容詞)疲れさせるような、疲れを起こす
stuff(動詞)詰め込む、詰め物をする (名詞)モノ、物事 
stuffy 形容詞)空気がよどんで、むっとしている状態=蒸し暑い
either way どちらでも


eigoyavocab at 14:04│Comments(0)単語&表現 | TOEIC

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TOEICat問題 その35Q&A diary (5) 2019/8月編