2020年01月

2020年01月26日

TOEICat問題 その37 (Clifton Chronicles)

今年に入って、初のTOEICat問題はTOEICのPart5(短文穴埋め問題)です。
珍しく cat とは無関係の英文ですが、その理由はのちほど。

Sir Walter is (-------) the finest men I've ever known. 

(A) into
(B) such
(C) together
(D) among

IMGP0609
(Fuku, the finest cat?)

TOEICのPart5にしては、ちょっと異色の英文ですよね。・・実は、私が今はまっている小説の一節なのですが、それはあとでお話しするとして、まずは、選択肢を確認しましょう。

(A) into 前置詞
(B) such  形容詞
(C) together 副詞
(D) among 前置詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

S: Sir Walter 
V: is
C: (空所)+ the finest men

空所の後ろの「the finest men」とセットになる語を選べばよさそうです。
まず、消去できるのは together(副詞)。副詞は様々な語句を修飾しますが、名詞のかたまりを前から修飾する働きはありません。
続いて、such。「such (a/an) 名詞」という形にはなりますが、suth the ~という用法はありません。したがってこれもNG。

残るのは、前置詞の2つです。文法的にはどちらも名詞とセットになるので、問題ありません。意味で検討しましょう。into は「~の中に(向かって)」、amongは「~の中に囲まれている、含まれている」。そう、正解は(D) amongですよね。

Sir Walter is among the finest men.
(Sir Walterは 最も優れた人物の中に含まれている)

この意味でのamongは頻出ですので押さえておきましょう!
言い換えると、

Sir Walter is [ one of ] the finest men.

どちらの場合も、後ろには複数名詞を置きます。

さて、この文の出所ですが、私が現在はまっているこの小説からです:

Jeffrey Archer 著

"Only Time Will Tell" (邦題:時のみぞ知る)


Harry Cliftonという少年を主人公にした一代記(chronicle)です。上記のセリフに出てくるSir Walter (Barrington)とは、主人公 Harry の地元の名士。Harryの父親の死の真相を知っている人物(Hugo Barrington)の父親です。どんな人物なのかとHarryが尋ねると、港で働く老人はこう答えます:

老人:Sir Walter is among the finest men I've ever known. 
 ウォルターさんは、わしが知る中でも、最も優れた人物の一人だよ。

Harry : But what about his, son Mr. Hugo?
 だけど、彼の息子のHugoさんはどうなの?

老人:Not cut from the same cloth, I fear.
 同じ布から切り取られてはいないな、残念ながら。

"cut from the same cloth"・・同じ布から切り取られる=同類、瓜二つ・・という英語表現です。おもしろいですよね。確かに、同じ布から切り取ったら、全く成分も性質も同じですものね。

【ご案内】英語屋の2月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


ジェフリー・アーチャーは初めて読んだのですが、ドキドキわくわく、サスペンスの要素も多分にありながら、第二次世界大戦前夜のイギリスの雰囲気も楽しめました。今日から2作目(全7編)に突入します!私のツボにはまったのは、「歴史好き」という側面もありますが、「Harryという主人公の名前」、「貧乏で苦労した子供時代」、「頼りになる擁護者の存在」、「寄宿学校への進学」、「友人の妹と恋に落ちる」・・といった要素が、Harry Potterにそっくりだという点も。ハリポタファンの皆さんも、ぜひ読んでみてくださいね。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
among the 最上級 ~のうちの一人(一つ)
what about ~?   ~はどう?いかが?
cloth  布


eigoyavocab at 17:11|PermalinkComments(0)Part5 | 洋書

2020年01月13日

目標スコア奪取シリーズ 重版決定!

2020年初のブログです。遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

しょっぱなから素敵なお知らせです。2019年2月刊行の「TOEIC L&Rテスト目標スコア奪取シリーズ」、重版決まりました~!!なんと4冊揃ってです!ありがたさに、旺文社さんからのメールを拝んでしまいました。



私が担当したのは「730点奪取」。英語屋受講生の方からは「英語屋の授業で学ぶこととリンクしてる~!」というお声をいただいています。そう、英語屋では「中級クラス⇒こちらこちら」や「実践演習⇒こちら」というクラスで取り組んでいる練習や解き方のエッセンスを詰め込んだのがこの書籍。「英語屋には通えないけど・・」という方にも、この機会にぜひ手に取っていただきたい1冊です。

ただ、一方で、せっかくご購入いただいたのに「うまく活用できていない・・」というお声もいただいているのが現実。なので、今年は、読者向けのサポートもいろいろ考えていきたいな~と思っています。

きっと、ミヤも賛成することでしょう。
blog1921

そういや、この帯写真を撮ったころは、まだ五十肩とは無縁だったなあ~。このポーズ、今は取れないでしょうね。たいしたポーズには見えないと思いますが、実はカメラマンさんから「肩を後ろに引いて、右に20度ほど傾けて!」・・といったふうな細かい指示がいっぱい出ていたのです(全くそんなふうに見えないですが)。

ヒロミ 心の一句
「失った 可動域の ありがたさ 帯の笑顔が ほんものだもの」。

肩の可動域を英語にすると shoulder range of motion だそうです。range (範囲)はTOEICでも頻出ですね。I need to improve my shoulder range of motion! Desperately! 

それでは皆様、本年も当ブログと英語屋を、どうぞお贔屓に願います~

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
range 範囲
motion 動き
improve 改善する
desperately  必死のパッチで、切に



eigoyavocab at 12:25|PermalinkComments(0)TOEIC | 書籍