思てたのと違う語句(6)leadドラマ・映画に出てきたおもしろ表現(3)

2019年06月02日

TOEICat問題 その31

先週のTOEIC LR公開テストは、第240回。2016年に新形式になってから、早いものでこれで31開催されましたね。最初の頃と比べると、かなり出題の傾向も変わってきています。

今日ご紹介するのはTOEICのPart5(短文穴埋め問題)。毎回出題されるわけではありませんが、時折「比較」関連の問題が出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう~!

According to a recent research finding, some cats can be trained as (-------) as dogs. 

(A) through
(B) thoroughness
(C) thorough
(D) thoroughly

(参考にしたのはこちらの記事。実際は、ちょっと違うことが書いてあります。)
IMG_0085
(テコでも動く気のないテツ。ベランダ散歩したいって言うたのは自分やん!)

選択肢を見ると、thorough の派生語と through が混ざっています。これらの品詞を先に確認すると:

(A) through 前置詞、形容詞、副詞
(B) thoroughness 名詞
(C) thorough 形容詞
(D) thoroughly 副詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

M: According to a recent research finding,
S: some cats
V: can be trained

続きには、「as ~ as」という比較表現を含んでいます。

as (-------) as dogs.

犬と同じくらい(-------)。

こう考えると、空所には述語動詞(can be trained)を修飾する語を入れるのが自然ですね。動詞を修飾するのは「副詞」なので、正解は(D) thoroughly
比較表現であることを意識せず、普通の品詞問題と同様に判断すれば解ける問題でした。

和訳すると:

According to a recent research finding,
 ある最近の調査結果 によると
some cats can be trained
 一部の猫は 訓練されることができる
as (thoroughly) as dogs. 
 犬と同じくらい充分に・徹底的に

こんなふうに「as ~ as」の問題は、これをいったん無視して品詞を判断する癖をつけるといいですね。例えば、こんな文なら:

The preparation must be as (-------) as possible.

as ~ as」を無視すると、SVC(補語)のシンプルな文が見えてきます。
C(補語)になるのは、副詞ではなく、形容詞が適切ですね。

The preparation must be as (thorough) as possible.
 その準備は できるだけ徹底的でなくてはならない。

【ご案内】英語屋の6月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


しかし、猫を訓練するって、きっと大変でしょうね~。食いしん坊テツに何かを教えるためには、とんでもない量のオヤツが必要で、結果、とんでもないデブ猫になってしまいそうです。

いいんです、猫はそこにいるだけね。ね、テツ!
IMG_1616

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
according to  ~によると、
recent 先日の、最近の(「ちょっと過去」を指す)
finding 結果、発見
as (形容詞 or 副詞)as ~  ~と同じくらい・・
preparation 準備
through (前置詞)~を通して、通って、
    (形)通しの、直通の(副)通しで、ずっと
thoroughness (名)徹底、完全
thorough(形)徹底的な、十分な、完全な
thoroughly(副)徹底的に、完全に、十分に


eigoyavocab at 11:20│Comments(0)Part5 | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
思てたのと違う語句(6)leadドラマ・映画に出てきたおもしろ表現(3)