赤毛のアン&TOEIC(3)思てたのと違う論点(1)

2019年01月27日

TOEICat問題 その22

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)には、接続詞・前置詞・副詞の意味や用法を問う問題もよく出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

------ the long-lasting debate between dog loyalists and cat lovers
over which species is best, there's no disputing the statistics
that prove the cat is this country's most popular pet. 

(A) Although  
(B) Owing to
(C) Therefore
(D) Despite

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)blog1911
(顔デカ系の犬と猫:ハナちゃん&テツ。どっちも帽子から片耳出てます・・)

選択肢を見れば、接続詞・副詞・前置詞が混ざっていることがわかります。まずはどの品詞を選ぶべきなのか確認しましょう。空所の後ろの構造は:

debate (between A and B) over C : (AとBの間の)Cに関する論争

bedateはここでは「論争」という名詞であり、これを修飾する語句が前後にくっついている形(つまり、名詞のかたまり)なので、空所には「前置詞」が入ります。前置詞は名詞とセットになる語だからですね。

ちなみに、接続詞の後ろには「節(=主語+述語)」がくるのが一般的。副詞も名詞とセットになることはありません。

選択肢の中で、前置詞は(B) Owing to(~が原因で)、(D) Despite(~にもかかわらず)の2つ。あとは文の意味で検討しましょう。すると:

------ the long-lasting debate 
 長く続く論争------
between dog loyalists and cat lovers 
 犬愛好家と猫好きの間で
over which species is best, 
 どちらのが優れているかについての,

there's no disputing 
 異議を唱えることはできない
the statistics that prove
 ~だと示す統計
the cat is this country's most popular pet. 
 猫がこの国で最も人気のあるペットであると。

「犬猫どちらがより優れているかという論争はある『けれど』、統計では明らかに猫のほうが人気がある」という内容の文ですね。従って、正解は(D) Despite(~にもかかわらず)。

日本でも猫の飼育頭数が犬を上回ったそうですが、米国でも同じだと、このネタ元の記事は伝えています。わたしゃ、こう見えても、犬も猫も好きなので、どっちもかわいい♪でよいと思うのですけどね。。今日登場してもらったハナちゃん、最高にかわいいので、もう1枚写真つけとこっと。
blog1912


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
long-lasting 長く続く
debate over ~に関する議論、論争
species 種、種族(単数も複数も同じ形)
there is no ~ing ~することはできない
dispute  反論、異議
statistics 統計
prove 証明する、立証する
although  ~だけれども(接続詞)
owing to ~のせいで、~が原因で(前置詞)
therefore それゆえ (副詞)
despite ~にもかかわらず(前置詞)



eigoyavocab at 11:52│Comments(0)Part5 | 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
赤毛のアン&TOEIC(3)思てたのと違う論点(1)