TOEICat問題 その9TOEICat問題 その10

2018年10月18日

思てたのと違う語句(2)row

アガサ・クリスティの小説には、TOEICっぽい語句・表現がたくさん登場しますが、その中で「ええ~、思てたのと違う~」という意味で使用されている単語をご紹介します。前回ご紹介したのは drawing

そして今日ご紹介するのは row。TOEICで登場する row と言えば:
(1)名詞 →「列」 in a row (一列で)
(2)動詞 →「(ボートなどを)漕ぐ」rowing a boat (ボートを漕いでいる)

これくらいの意味なのですが、クリスティの小説では「have a row」という形でよく登場します。例えば、

Evie's had a row with Alfred Inglethorp, and she's off. 
-- スタイルズ荘の怪事件

She's the sort of woman who's never had a row with anyone in her life - 
but rows always happen where she is.
-- メソポタミアの殺人

どちらの小説も、複数の登場人物の中に存在する「不協和音」が鍵になっていて、上記の抜粋は、それを説明する部分です。

row の定義を Oxford Advanced Learner's Dictionary で見てみると:

(1) a serious disagreement between people, organizations, etc. about something
  あることに関する、人々や組織等の間の 深刻な論争・意見の不一致

(2) a noisy argument between two or more people
  2人以上の人による騒々しい口論・言い争い

そう、have a row は「ケンカする」ですね。ケンカといっても殴り合いとかではなく、あくまで口論。激しくののしりあうようなケンカ=rowです。

従って、この写真は row ではありません。
blog20
(ミヤが正義の猫パンチをニコに振り下ろそう・・というところ。でも倍ほど反撃されます。)

TOEICでは「ケンカや言い争い」がテーマになることは今のところありませんが、実社会を反映させるなら、今後、登場するかもしれません(・・?)

blog22
(ミヤにあえて噛まれるニコ・・このあと反撃に転じます)

それでは、先ほどの小説の一節も和訳しておきましょう:

Evie's had a row with Alfred Inglethorp, and she's off
  EvieさんはAlfred Inglethorpと言い争いをして出て行ったよ。

↑殺人事件が起こる数日前の出来事です。

She's the sort of woman who's never had a row with anyone in her life - but 
  彼女は、人生において誰とも口論をしたことがないけど
rows always happen where she is.
  彼女のいるところで、いさかいがいつも起こるタイプの女性だ。

↑殺人事件の被害者の女性について語られた一文。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
in a row   一列で、並んで
row a boat ボートを漕ぐ
disagreement 論争・意見の不一致
argument 言い争い・口論
the sort of 名詞 who ~ ~というタイプの[名詞]



eigoyavocab at 12:38│Comments(0)アガサクリスティ | TOEIC

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TOEICat問題 その9TOEICat問題 その10