2020年01月26日

TOEICat問題 その37 (Clifton Chronicles)

今年に入って、初のTOEICat問題はTOEICのPart5(短文穴埋め問題)です。
珍しく cat とは無関係の英文ですが、その理由はのちほど。

Sir Walter is (-------) the finest men I've ever known. 

(A) into
(B) such
(C) together
(D) among

IMGP0609
(Fuku, the finest cat?)

TOEICのPart5にしては、ちょっと異色の英文ですよね。・・実は、私が今はまっている小説の一節なのですが、それはあとでお話しするとして、まずは、選択肢を確認しましょう。

(A) into 前置詞
(B) such  形容詞
(C) together 副詞
(D) among 前置詞

続いて文構造のチェックを試みましょう。

S: Sir Walter 
V: is
C: (空所)+ the finest men

空所の後ろの「the finest men」とセットになる語を選べばよさそうです。
まず、消去できるのは together(副詞)。副詞は様々な語句を修飾しますが、名詞のかたまりを前から修飾する働きはありません。
続いて、such。「such (a/an) 名詞」という形にはなりますが、suth the ~という用法はありません。したがってこれもNG。

残るのは、前置詞の2つです。文法的にはどちらも名詞とセットになるので、問題ありません。意味で検討しましょう。into は「~の中に(向かって)」、amongは「~の中に囲まれている、含まれている」。そう、正解は(D) amongですよね。

Sir Walter is among the finest men.
(Sir Walterは 最も優れた人物の中に含まれている)

この意味でのamongは頻出ですので押さえておきましょう!
言い換えると、

Sir Walter is [ one of ] the finest men.

どちらの場合も、後ろには複数名詞を置きます。

さて、この文の出所ですが、私が現在はまっているこの小説からです:

Jeffrey Archer 著

"Only Time Will Tell" (邦題:時のみぞ知る)


Harry Cliftonという少年を主人公にした一代記(chronicle)です。上記のセリフに出てくるSir Walter (Barrington)とは、主人公 Harry の地元の名士。Harryの父親の死の真相を知っている人物(Hugo Barrington)の父親です。どんな人物なのかとHarryが尋ねると、港で働く老人はこう答えます:

老人:Sir Walter is among the finest men I've ever known. 
 ウォルターさんは、わしが知る中でも、最も優れた人物の一人だよ。

Harry : But what about his son, Mr. Hugo?
 だけど、彼の息子のHugoさんはどうなの?

老人:Not cut from the same cloth, I fear.
 同じ布から切り取られてはいないな、残念ながら。

"cut from the same cloth"・・同じ布から切り取られる=同類、瓜二つ・・という英語表現です。おもしろいですよね。確かに、同じ布から切り取ったら、全く成分も性質も同じですものね。

【ご案内】英語屋の2月コース 体験受講受付中!(*^▽^*)


ジェフリー・アーチャーは初めて読んだのですが、ドキドキわくわく、サスペンスの要素も多分にありながら、第二次世界大戦前夜のイギリスの雰囲気も楽しめました。今日から2作目(全7編)に突入します!私のツボにはまったのは、「歴史好き」という側面もありますが、「Harryという主人公の名前」、「貧乏で苦労した子供時代」、「頼りになる擁護者の存在」、「寄宿学校への進学」、「友人の妹と恋に落ちる」・・といった要素が、Harry Potterにそっくりだという点も。ハリポタファンの皆さんも、ぜひ読んでみてくださいね。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
among the 最上級 ~のうちの一人(一つ)
what about ~?   ~はどう?いかが?
cloth  布


eigoyavocab at 17:11|PermalinkComments(0)Part5 | 洋書

2020年01月13日

目標スコア奪取シリーズ 重版決定!

2020年初のブログです。遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

しょっぱなから素敵なお知らせです。2019年2月刊行の「TOEIC L&Rテスト目標スコア奪取シリーズ」、重版決まりました~!!なんと4冊揃ってです!ありがたさに、旺文社さんからのメールを拝んでしまいました。



私が担当したのは「730点奪取」。英語屋受講生の方からは「英語屋の授業で学ぶこととリンクしてる~!」というお声をいただいています。そう、英語屋では「中級クラス⇒こちらこちら」や「実践演習⇒こちら」というクラスで取り組んでいる練習や解き方のエッセンスを詰め込んだのがこの書籍。「英語屋には通えないけど・・」という方にも、この機会にぜひ手に取っていただきたい1冊です。

ただ、一方で、せっかくご購入いただいたのに「うまく活用できていない・・」というお声もいただいているのが現実。なので、今年は、読者向けのサポートもいろいろ考えていきたいな~と思っています。

きっと、ミヤも賛成することでしょう。
blog1921

そういや、この帯写真を撮ったころは、まだ五十肩とは無縁だったなあ~。このポーズ、今は取れないでしょうね。たいしたポーズには見えないと思いますが、実はカメラマンさんから「肩を後ろに引いて、右に20度ほど傾けて!」・・といったふうな細かい指示がいっぱい出ていたのです(全くそんなふうに見えないですが)。

ヒロミ 心の一句
「失った 可動域の ありがたさ 帯の笑顔が ほんものだもの」。

肩の可動域を英語にすると shoulder range of motion だそうです。range (範囲)はTOEICでも頻出ですね。I need to improve my shoulder range of motion! Desperately! 

それでは皆様、本年も当ブログと英語屋を、どうぞお贔屓に願います~

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
range 範囲
motion 動き
improve 改善する
desperately  必死のパッチで、切に



eigoyavocab at 12:25|PermalinkComments(0)TOEIC | 書籍

2019年12月31日

Q&A diary (6) 2019年末編

今年2019年から挑戦を始めた「Q&A日記」(過去の記事はこちらのネコをクリック⇒)。

今日は「12月31日」のエントリーについて書いてみます。

(ちなみに ↓ こんなのも受付中~。現在、残席4)


「12月31日」の「Q」はこちら:

Q: What  is your most cherished memory of this year?

「今年の最も大切な思い出は?」という意味ですが、一年の締めくくりにふさわしい質問ですね。

しかし答えるのは難しい。。2019年は私にとって、かなり eventful (出来事の多い、波乱万丈な)年でした。自分の記録用に整理してみたところ、こんな感じでした。

1月 サインを1万円でカスタムメイド(2~3月のイベントでサインする必要があったので。でも、やばい、もう忘れかけてきている)
2月 旺文社「730点奪取」刊行&刊行記念イベント (~上旬まで)
4月 アスク出版「でる模試」刊行
   860点奪取会・初回懇親会に参加(東のTOEICerさんたちと初交流)
5月 英語屋「スピーキングのための英作文講座」単発開催 (7月にも)
   英語屋「模試&解説講座」単発開催 (8月にも) 
6月 肩関節周囲炎(a.k.a. 五十肩)の症状が出始める(ああ、この時早めに対処していれば・・)
7月 zoom によるオンライン・マンツーマン授業開始
8月 英語屋「英語de学ぼう レクチャーシリーズ」単発開催
9月 ラグビーにはまる (スコットランドvsサモア戦を神戸にて観戦)
10月 英語屋「730点奪取オンライン講座(zoom使用)」単発開催
   英語屋「英作文&スピーキング講座」レギュラー開催
   肩関節周囲炎(a.k.a. 五十肩)のリハビリ通院開始
11月 猫の墨絵教室に通い始める(はずが、日程間違えて、12月から正式入会)

2018年と違って今年は書籍の執筆が全くなかったので、その分、単発講座の企画・準備にじっくり時間をとれました。改めて感じたのは、私って、教材作るのが好きだな~ってことです。ああでもない、こうでもないと、いろんな仕掛けを考えて、教材を作っては修正するのを繰り返す。苦しくもありますが楽しい!まだまだ大ヒット企画は育っていませんが、これからも新規開発に励もうと思います。

仕事以外でいえば、なんといっても五十肩。先日リハビリの先生に「今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします」と挨拶したところ「来年で終わるように頑張りましょう!」と明るく言われてしまいました。まじか オリンピックイヤーが終わっても、治らへん可能性があるんか・・ただ、逆に考えれば、いつかは完治するってことですよね。ね!

家族(猫)の話をすると、2018年はうちの top catである鉄(当時7歳)が、尿路結石でかなり危ない状態になりましたが、今年は猫ズはみんな元気に過ごしてくれたので、その点では eventfulでなくてよかった。。。ちなみに、徹は五十肩(四十肩?)にもならず、元気にゴルフしてます。

さて、今日のQに戻りましょう:

Q: What  is your most cherished memory of this year?
「今年の最も大切な思い出は?」

そして、私の は:

A: It's hard to pick just one, but
  1つだけを選ぶのは難しいけど、
I would have to say it was the book launch event for 奪取シリーズ!
  奪取シリーズの刊行記念イベントだと言わざるを得ないです。

新宿・名古屋・そして梅田での、あの会場の様子を目に浮かべると、今も胸にこみあげるものがあります。英語屋受講生の皆さん、卒業生の皆さんもたくさん駆けつけてくださって、ヒロミ、カンゲキ!(当時の様子を伝えるエントリーはこちらのネコをクリック!→  )
いろんな角度からのプレッシャーを感じた仕事でしたが、無事終えられたのは、皆さんのおかげです。

最後に・・・このQ&A日記、五十肩を理由にここしばらくさぼっていたことを告白いたします!言い出しっぺのくせに、ごめんなさい~!でも、このような振り返りができたのも、この日記のおかげ。来年は、よりたくさん書きます!そして、私以上に、この日記にじっくり取り組んでこられた carpenter さんにも、心よりの感謝と敬意を表します。You're amazing!

それでは、皆様、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 ↓ 恥ずかしながら、私の初めての「ねこ墨絵」・・一年後はどれだけ成長しているかな~。
IMG_3865

 ↓ という縁起のよい名前の二人が寄り添ってます。
IMG_3748


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
cherish  (動詞)大切にする
cherished (形容詞)大切にしている
pick    (動詞)選ぶ
launch  (名詞)発売、立ち上げ
a.k.a. (=also known as) ~としても知られている、別名~として知られている







eigoyavocab at 11:20|PermalinkComments(0)Diary | 英語屋