2019年05月15日

TOEICat問題 その30

英語屋の(and 私自身の)今年のテーマはズバリ「revolution☆」(変革)。今までやったことのないタイプの授業に積極的に取り組む一年にしようと思っています。

その一環として、先週開催したのが「スピーキングのための英作文講座」。
TOEICを通して見に付けた知識を、スピーキングやライティング力アップにどうつなげられるかを学ぶ授業でした。

その中で取り上げた会話をヒントに、今日のTOEICat問題は、Part2(応答問題)です。例によって音声を聞くのではなく、以下の英文を読んで「最も適切な応答」を選んでくださいね。

Q: What was the best gift you've ever received?

(A) I've presented at several conferences.
(B) Do I need to pick just one?
(C) I buy cat-themed goods online.

IMG_3351
(2月にいただいた数々の猫グッズに埋もれるニコ。
もったいなくて未開封で愛でてます。Tさん、ほんとうにありがとう~

(正解は)

(B) Do I need to pick just one?
  1つだけを選ばなくちゃダメ?

設問の意味は:
Q: What was the best gift you've ever received?
 あなたが今までにもらった最高の贈り物は何ですか?

この質問にズバリ「これ!」と答えるのではなく「質問返し」をしています。これって実は便利な「つなぎ言葉」。簡単に答えが思いつかないときって、多々ありますよね。そもそもなんでそんなこと知りたいねん!・・と言いたくなる気持ちをぐっとこらえ、とりあえず考える(or ふりをする)ために時間を稼ぎましょう。そんなときに便利なフレーズです。

別の言葉にするなら「I can't pick just one.」もいいですね。先日のスピーキング講座では、このような「つなぎ言葉」の有効性についてもお話ししました。

日本語ならば「時間を稼ぐ」「話をそらす」「ちょっとふざける」「意図をにおわせる」といったことが自由自在にできるのに、英語になるとなぜか真正面から答えようとするのは、英会話教材の多くがそうなっているからかもしれませんね。その点、TOEICでは上記のような自然なやりとり(の一部)がPart2や3で練習できるので、やっぱりいいなあ~と思いました。

他の選択肢は:
(A) I've presented at several conferences.
  私は発表しました、いくつかの会合(研究大会)で。

(C) I buy cat-themed goods online.
  私は買いますよ、猫柄のグッズを、オンラインで。

★TOEIC専門塾・英語屋の情報はこちらから~!

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
最上級(the best) + ever  今までの中で最も~
pick       選ぶ
present   発表(プレゼン)をする、提出・提示する、贈り物
conference 会合、研究大会、協議会
-themed ~をテーマ・主題とする



eigoyavocab at 11:31|PermalinkComments(0)Part2 | 

2019年05月08日

模試&解説講座・課外授業の巻(2)

前回に引き続き、5/4(土)の「TOEIC L&R模試&解説講座」を受講された方から寄せられたご質問にお答えしたいと思います。

「すっきり解説」して「ズバッと解決」となりますかどうか~。

★注:
 TOEIC Listening & Reading 問題集4(http://ur0.work/lftV)にまだ取り組んでいない方は、ネタバレになっちゃいますので、必ず取り組んでから以下をご参照ください。

(ただ今、ニコは「なで待ち状態」。さっさと模試を終えてお腹をなでてあげなくちゃ、他のニャンコに八つ当たりが始まりますよ~。)
IMG_3286








【ご質問】
(TOEIC Listening & Reading 問題集4 Test1より)
Q161-164にて、問題文より、

Our tradition is for the winner to travel to Milldell to receive ~.

とあります。 意味は分かるのですが、文構造が分かりません。
この文は倒置が起きているのでしょうか?
あるいは倒置も起きていない普通のSVCの文型でしょうか?

【解説】
Fさん、とても深く英文を観察し分析されていますね!素晴らしい

確かにあまり見ない形ですが、これは「普通のSVC(補語)」だと思います。

S: Our tradition
V: is
C: to travel to Milldell ~
 (↑この to不定詞の主語として、for the winner が前置されている)

辞書にはあまりこのタイプの例題はありませんが、merriam-websterというオンライン辞書には1つ掲載されていました。

One of our town's time-honored traditions is to have an Easter egg hunt
 この街の由緒ある伝統の1つは、イースターエッグ探しをすることだ、
the week before Easter.
 イースターの1週間前に。

更に、他の使用例をgoogleで探してみたところ、いくつか見つかりました:

Our tradition is to eat 12 grapes
 我々の伝統は、12個のブドウを食べることだ、
during the 12 bells at the  stroke of midnight. 
 真夜中ちょうどに鐘が12回なる間に。

Our tradition is to read it out loud as a family 
 我々の伝統は、声に出してそれを読むことだ、家族みんなで、
in the month before Christmas.
 クリスマス前の1ヶ月に。

以上、「すっきり解説」して「ズバッと解決」になっておりましたかどうか~。他にご不明な点があればお知らせくださいね。

今後も「解説リクエスト」ウェルカムです!


eigoyavocab at 10:08|PermalinkComments(0)模試 | 英語屋

2019年05月05日

模試&解説講座・課外授業の巻(1)

「令和」最初の投稿です。This is my first blog entry in the era of Reiwa! 
テツからも皆さんに新元号のご挨拶。あ、テっちゃん、ちゃんと起きてよ~。

(ま、今後もこんな感じで、むりやり猫をからめた、ゆる~いブログを書いていこうと思います。)
IMG_3327

さて「令和」最初の英語屋での授業は「TOEIC L&R模試&解説講座」でした。受講生の方からの熱いご要望を受けて開催したもので、英語屋としては初めての試みでした。ご参考までに、いくつかアンケートの結果をご紹介しますと・・

IMG_20190504_182036

IMG_20190504_182052 (1)

IMG_20190504_181844

IMG_20190504_181918

出席者の皆さんにはおおむねご好評いただけてよかった~!大型連休の前半、この準備に力をそそいできたので、ほっと胸をなでおろしました

また開催を検討しますので、ご希望の方は、ぜひ次回~!

さて、この「TOEIC L&R模試&解説講座」では、講師の解説は一部の問題だけを取り上げ、後は「セルフスタディ用資料」をお渡しして、各自で気になる問題をじっくり学んでいただくスタイルを取りました。「自習してみて、解説が必要になったら、いつでもメールや口頭でお知らせくださいね~」とお伝えしたところ、なんと当日の夜のうちに1つご質問が届いていましたので、こちらでもシェアさせていただきますね。

★注:
 TOEIC Listening & Reading 問題集4(http://ur0.work/lftV)にまだ取り組んでいない方は、ネタバレになっちゃいますので、必ず取り組んでから以下をご参照ください。







【ご質問】
No.116の回答が、(B) few 「少数しか~ない」になっていますが、
辞書で調べてみるとその訳だと形容詞になっていました(「英辞郎」)。
空所の後にhaveがあるので、空所の品詞は名詞になるはずだと思うのですが・・・?

【解説】
鋭いご質問、ありがとうございます、Tさん!この文の一部を再現しますと:

Many staff have expressed interest, but
------- have the required experience.

(TOEIC Listening & Reading 問題集4 Test1より)

空所の位置から考えて、
S(主語)は⇒「空所」
V(述語)は⇒ haveですね。
そして、Tさんご指摘のとおり、主語になるのは「名詞」が鉄則。

まず、この問題文では「Many staff ~、but・・・」と続いているので、
many と few が対になって「多くのスタッフは~だ、けれど、少数の人しか~ない」という意味になっています。

そしてこの「少数しか~ない人・モノ」という意味で使うとき、few は「形容詞」だけではなく「(代)名詞」にもなります。英辞郎には残念ながら、代名詞としては「少数の人・モノ」という意味しか記載されていませんので、Tさんが迷われても仕方ないですね。weblioの場合なら、「代名詞」の定義の1つ目がこれに当たります。⇒ https://ejje.weblio.jp/content/few

ちなみに few は「a few」なら「少しの」という意味ですが、
a をつけず「few」だけなら「ほとんど~ない」「少数しかない」という否定的な意味になる点も要注意。

辞書は用途に応じて使い分けるのもお勧めです。英辞郎は用例を調べたり、フレーズ全体の意味を調べるには適していますが、定義や語法の説明は詳しくないので、上記でご紹介した weblio の他に、ウィズダム英和 のような有料辞書(アプリがお勧め)も1つご用意されるといいですよ~。

「解説リクエスト」がありましたら、今後もウェルカムです!令和も皆さま、どうぞよろしく~


eigoyavocab at 14:07|PermalinkComments(0)模試 | 英語屋