2019年03月11日

英語屋秘伝のたれ(?)配布します!

今週のハイライトと言えば、丸善丸の内本店での「奪取シリーズ刊行記念イベント
」!3月13日(水)午後7時という、「ノー残業デーのお仕事帰り」のイベントとしてはバッチリの時間帯ですが、丸の内近辺でない方や、ノー残業デーではない方にとっては「間に合わないよ~」「1時間くらい遅刻するかも」という方もいらっしゃると思います。

しかーし、このイベントは「ミニ講義×3名の著者」という特殊な形態をしているために、遅れても全く問題ないのです(もちろん、とっても無念だとは思いますが・・)。講義資料はとりあえず全部もらえますしね。

私、古澤だけが英語屋での授業の関係で参加できないので、何か「お土産」的なものをご提供できないかと考えたのですが、急きょ「ミニ講義資料(自習用)」を配布することになりました~!パチパチパチ。

大阪のイベントでご好評いただいた内容をベースに、私のプレゼンがなくても自習できるように再編成した資料です。「英語屋秘伝のたれ」ってほどのものでもありませんが、英語屋以外では授業を行ってこなかった私が披露する「英語屋色あふれる教材」になっていることは間違いなし!

今のところ、これを配布するのは、3月13日(水)のイベントだけの予定です。イベントに遅刻しそうでも問題なし!この資料をゲットするためにも、いざご出陣くださいませ~。

★プラス、著者3名による特別サービスもあります♪ ⇒ 藤枝先生のブログへ

blog39
(以前も披露した、著者3名のイメージ図)

イベント詳細はこちら↓
https://honto.jp/store/news/detail_041000031603.html%E2%80%A6




eigoyavocab at 17:17|PermalinkComments(0)書籍 

2019年03月10日

TOEICat問題 その25

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)には、前置詞の意味や用法を問う問題もよく出題されます。今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

Dr. Olson's clinical interests are mainly ------- preventive care for cats and rabbits.

(A) of  
(B) to
(C) at
(D) in

(出典は、こちらのウェブ記事です。一部原文をアレンジ。)

blog1928
(獣医さんに「この子ほど辛抱強い猫は見たことがない!」と言われたテツ。
おなかのエコーもへっちゃらです。)

選択肢には「前置詞」だけ。前置詞とは、読んで字のごとく「前に、置く、ことば(詞)」。何の前かというと「名詞」の「前に置く言葉」です。

この文では、空所の後ろ「preventive care」が「形容詞+名詞」なので、これとセットになる前置詞を選ぶわけです。

しかし、しかし、前置詞問題を解く際、前置詞の後ろ(つまり名詞)だけがポイントではありません。前置詞の前の語(名詞、形容詞、動詞など)が決め手になって、どの前置詞を選ぶべきかが決まるパターンも少なくないからです。

例えば:
 I will see you [-----] Monday.
この場合なら、空所の後ろの名詞、Mondayとセットになる「on」を選んで、「on Monday(月曜日に)」が正解。

一方、こちらの文では:
 I will see you a week  [-----] Monday.
空所の前の「a week」が鍵。「a week from~」で「~から1週間後」という意味になるので、正解は「from」。

さて、今回の問題は、「空所の前にヒント」「空所の後にヒント」いったいどちらだったのか。もしくは「空所の前・後、両方にヒント」があったのか。

まずは、文構造のチェックと、和訳をしてみましょう。

Dr. Olson's clinical interests are
 Olson博士の臨床上の関心は~にある
mainly ------- preventive care for cats and rabbits.
 主に、猫とウサギのための予防治療に(ある)

空所の前後の「mainly」「preventive care」とセットで使われる前置詞というのは特に決まっていませんが、注目したいのは、主語の interests (関心、興味)!そう、ピーンと来ませんか~。
interest in ~で「~に対する関心、興味」、これを形容詞にすると
(be) interested in ~で「~に関心、興味がある」。

そう、正解は in なのです。interest が主語、「in ~」が補語と、少し離れた位置に置かれていると、それだけで難度が増しますね。前置詞問題、決してあなどることなかれ~!(予告:しばらく、前置詞問題続きます。)

★「奪取シリーズ」刊行イベントはまだまだ続きます!ミニ講義、ぜひ聞きにきてくださいね~!

丸善丸の内本店 イベント詳細↓ (★古澤は不参加)
https://honto.jp/store/news/detail_041000031603.html%E2%80%A6

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
clinical  臨床の、診療の (クリニック clinic の形容詞形)
interest(s)  興味、関心、興味を持たせる
interest in ~ ~に対する関心、興味
(be) interested in  ~に関心、興味がある
mainly   主に
preventive  予防の、防止するための
care 治療、世話
a week from ~ ~から1週間


eigoyavocab at 10:00|PermalinkComments(0)Part5 | 

2019年03月08日

刊行記念イベントはまだ始まったところ!

先週の日曜日、桃の節句(3/3)に大阪・うめだで開催された「奪取シリーズ刊行記念 ミニ講義&サイン会」、無事終了いたしました~。

ご来場いただいた皆様、そして応援してくださっていた皆様、心の底から感謝です。

2/24(日)の紀伊国屋新宿本店さんでのイベントと、この3/3の梅田でのイベントは、私にとっては初めての「刊行記念イベント」であり、初めての「英語屋以外での(ミニ)講義」であり、初めての「サイン会」であり・・と、初ものづくしでした。

決まったときからドキドキが止まらず、「私などを見に来たいなんて奇特な方、おる?」と不安が募り、話す内容も心配、滑舌も心配、サインも心配と、心配ばかりでげっそり痩せるほど(ウソですけど)。

しかし終わってみると、どちらのイベントも、多少私の色を出すことができ、多少楽しむことさえできたのは、いったいなぜなのか?!答えは簡単。会場に足を運んでくださった、英語屋の受講生・元受講生の皆さま、友人知人家族のおかげ。これはきれいごとではなくホントです。皆さんの笑顔を見つけて、どれだけホッとしたことか~。私もつい笑顔になり、そして呼吸が楽になり、1つ1つ不安が飛んでいったのです~。ああ、感謝。心より感謝です。

お礼をこめてのツーショット大会。今日はテツ&730点。
blog1926

それから、もう1枚、大事なツーショット。
blog1927
「ふるさわです、やまだです、ダブル弘美で~す!」って、漫才師のようなコンビ名を頂戴した私たちですが、こちら山田弘美嬢は、私の大事なパートナー(担当編集者)。彼女の強力なサポート、提案、叱咤激励がなければ、奪取シリーズ730点はこの質にまるっきり到達できなかったと思います。とんでもない才媛です。・・そうそう、730点は「緑本」なので、2人とも緑の衣裳なのですよ~(at 梅田イベント会場)。

さあ、イベントはまだまだ続きます。ダブル弘美、まだまだがんばります!

丸善丸の内本店 イベント詳細↓
https://honto.jp/store/news/detail_041000031603.html%E2%80%A6

三省堂書店名古屋本店 イベント詳細↓
http://nagoya.books-sanseido.co.jp/events/1698

eigoyavocab at 22:17|PermalinkComments(0)書籍