2018年09月13日

obstacle(おんぶする+タックル!)

今日は「英語屋のボキャログ!」から、猫にからんだのものをご紹介。

【ボキャログとは】
TOEICに出題される単語を、次のような形で紹介するブログです:
・語呂合わせ
・語呂にちなんだイラスト
・例文
・実際の使用例(引用句やニュースなど)
   ⇒ 以前にご紹介したcrateはこちら

今日の単語は、ちょっと難度の高い obstacle 
blog08

おんぶする+たっくる⇒おんぶすたっくる⇒オブスタクゥ・・
ぜひ続きはボキャログ!でご覧ください~! ⇒ obstacle


「ボキャログ」では、過去のエントリーをABC順に探すことも可能です。
こちらよりどうぞ~ → Alphabet順一覧


eigoyavocab at 11:42|PermalinkComments(0)ボキャログ | 

2018年09月07日

TOEICat問題 その4

TOEICのPart5(短文穴埋め問題)のうち、半分以上が語彙力を問う問題です。
今日のTOEICat問題はそんな問題に挑戦しましょう。

According to an expert,
there's plenty of evidence that points to the fact that
cats see humans as nothing more than ------- cats.

(A) flaw
(B) following
(C) fellow
(D) feeling

(出典は、こちらのウェブ記事です。)
blog09
(仲間と眠るミヤ)

正解は





(C) fellow

fellow は名詞で「仲間、同僚」といった意味がありますが、「fellow + 名詞」となると、形容詞的に「仲間の~」「同行する~」という意味で使われます。

例えば、fellow passengers といえば「乗り合わせている乗客」ですし、
fellow citizensといえば「同胞」「同じ国の人」。TOEICでは
fellow members (同じクラブのメンバー)、
fellow residents (住民仲間、同じ地域の住民)などにも気を付けたいですね。

今回の問題に目を転じれば、fellow cats。つまり「仲間のネコ」という意味になります。そして文全体を訳してみると:

「ある専門家によると、猫が人間を『仲間のネコ』ととらえているのが事実であるというたくさんの証拠がある。」

ある研究によると、人間のことは「でかくて、毛がなくて、どんくさいタイプのネコ」と思っているそうです。そのわりには、人間を便利遣いするのはうまいんだけどな~。「でかくて、毛がなくて、どんくさいけど、エサを出したり蛇口をひねったりすることには長けたネコ」かな。

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
according to ~によると 
plenty of  たくさんの~
evidence  証拠
nothing more than ~でしかない、~にすぎない
flaw 欠陥、傷
following 次の、下記
fellow 仲間(の)
feeling 感情



eigoyavocab at 11:32|PermalinkComments(0)Part5 | 

2018年09月03日

オリエント急行殺人事件 & TOEIC(3)

アガサ・クリスティの名作「オリエント急行の殺人」の一場面に、
赤い着物(a scarlet kimono)を着た謎の女性が登場します。この女性の正体を突き止めるため、名探偵ポアロは乗客たちに質問します。

そのときのセリフがこちら:

You did not see a lady in a scarlet kimono with dragons on it?

前置詞が3つ(in / with / on) も使われている文ですが、さてどんな意味でしょう?

(A) 龍の着ぐるみを着た女性を見た?
(B) 龍のぬいぐるみを抱えた、着物の女性を見た?
(C) 龍の模様のついた着物の女性を見た?
blog07
(Fuku in a scarlet robe)
(正解は)






(C) 龍の模様のついた着物の女性を見た?

You did not see a lady in a scarlet kimono
 あなたは見ませんでしたか?赤い着物に身を包んだ女性を
with dragons on it?
 それ(着物)の上には 龍がついている(=刺繍や模様)。

ここで kimonoと言うのは、本当の着物ではなく、着物っぽいナイトガウンのことです。100年以上前から西洋の方も着用していたのですね。(こんな感じ ⇒ 画像)

in / with / on と簡単な前置詞ではありますが、これらをきちんと理解できていないと、意味が正確に取りにくい文でした。更には、これを和文英作しろと言われたら、これまた簡単そうで難しいですよね。

ちなみに、I often wear a T-shirt with cats on it!

(今回の「TOEICにも出るぞ!」語句)
on : 面や線に接している
in  : 空間の中にいる、ある
with : 有している、くっついている (withoutの逆)

「~の上」「~の中」「~と一緒に」と単純に覚えるよりも、このようなイメージで覚えておくと応用がききますね。


eigoyavocab at 11:48|PermalinkComments(0)TOEIC | アガサクリスティ