2019年02月06日

赤毛のアン&TOEIC(4)

「赤毛のアン」の第四弾にまいりましょう~。→  過去のエントリーはこちら

カスバート家の里子になって初めて、アンは様々な楽しみを知ります。
その1つが日曜学校のピクニック。
今度のピクニックでアイスクリームを生まれて初めて食べられると知って大興奮。
その様子に、Marilla(里親)は、後でがっかりするんじゃないかと心配します。
するとアンは:

Looking forward to things is half the pleasure of them. (中略)
You mayn't get the things themselves; but
nothing can prevent you from having the fun of looking forward to them. (中略)
I think it would be worse to expect nothing than to be disappointed.

blog1919
(You probably won't get it, Nico.)

和訳してみると:

Looking forward to things
 何かを待ち望むことって、

is half the pleasure of them. 
 楽しみのうちの半分だわ。

You mayn't get the things themselves; but
 その事自体は実現しないかもしれない。だけど

nothing can prevent you  
 あなたをじゃまするものは何もないわ

from having the fun of looking forward to them.
 待ち望むという楽しみを持つことを(じゃまする)。

I think it would be worse to expect nothing
 私が思うに、何も期待しないことのほうが良くない

than to be disappointed.
 がっかりすることより。

・・アン、すご過ぎませんか。
期待どおりにならなくても、絶望することなく、
「楽しみにすることがあっただけ、めっけもの」
と考えるとは、なんという鋼のメンタリティ・・。
楽しみにすることが少ない人生を送ってきたアンにとっては、処世術の1つであったのでしょう。

ダイエット中の私で言えば
「これだけ気を付けていたんだから、めちゃくちゃ痩せてるんじゃない、ワタシ?」とワクワクできただけよかった(実際は全然減ってなかったけど)・・という感じでしょうか。
きびしーい。

更にTOEIC受験者ならば
「これだけ頑張ったし、本番でも大きな失敗しなかったから、
絶対スコア上がったんじゃないの~?!」と期待しちゃうほど頑張れてよかった(実際は目標スコアに届かなかったけど)・・かな。
確かに、がんばったときってスコアが届くのが楽しみだったりしますよね。

英語屋の新学期の授業は、2月19日(火)スタート。
We welcome an influx of students!

期待できるくらい、がんばらにゃあ~!ね、ダイエット中のニコ(&私)!
blog1920


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
look forward to ~を楽しみににする、待ち望む(~には名詞or動名詞)
half the+名詞 ~の半分
pleasure 楽しみ
prevent O from ~ing  Oが~するのを邪魔する、防ぐ 
have the fun of ~という楽しみを持つ
worse than ~ ~よりも悪い (worseはbadの比較級)
(be) disappointed がっかりしている、落胆している


eigoyavocab at 11:21|PermalinkComments(0)赤毛のアン | 

2019年02月03日

TOEICat問題 その23

今日のTOEICat問題は、Part7(読解問題)に挑戦。
★ 過去のPart7問題はこちらでまとめてチェック ⇒【Part7問題

以下の文章を読んで、設問に答えましょう:
---------------------
The Keans animal shelter was hit this week with an influx of 38 new cats and kittens,
bringing its cat population to over 200,
which prompted officials to waive the fees to adopt cats for a few days.
Adoption fees, which are normally $75 for cats between 7 months and
5 years old and $50 for cats over 5 years old, 
will be waived for all cats 7 months or older Friday, Saturday and Sunday.
---------------------
(引用元のウェブサイトは→こちら

Q: What will happen for a few days?

(A) A facility for cats will be closed.
(B) Cats will receive medical treatment.
(C) Fees will vary depending on the cat's age.
(D) Those who adopt cats will be exempt from fees.

blog1917
(うちでadoptしたばかりのミヤ。このころはヒザに乗ってくれてたのにな~。)

まずは文章の意味を確認しましょう~。

The Keans animal shelter was hit this week with an influx 
Keans動物保護施設は、今週、大量流入見舞われた

of 38 new cats and kittens,
38匹の猫と子猫の、

bringing its cat population to over 200, 
これが、同所の猫の頭数を200以上に引き上げ、

which prompted officials to waive the fees to adopt cats for a few days.
このことが職員を駆り立てた、猫を引き取る料金免除するように、数日間。

Adoption fees, which are normally $75 for cats between 7 months and 5 years old 
引き取り手数料、これは通常75ドル(月齢7ヶ月以上~5歳以下)、

and $50 for cats over 5 years old, 
そして、50ドル(5歳超)であるが

will be waived for all cats 7 months or older Friday, Saturday and Sunday.
これが、7ヶ月以上の全ての猫に対して免除される、金、土、日曜だけ。

急に増えた保護猫に対応するべく、里親になる人を増やすための一時的な措置のようですね。

そして、設問はこちら:

Q: What will happen for a few days?
何が起こりますか?数日間。

(A) A facility for cats will be closed.
猫用の施設が閉鎖される。

(B) Cats will receive medical treatment.
猫が治療を受ける。

(C) Fees will vary depending on the cat's age.
料金は、猫の年齢によって変わる

(D) Those who adopt cats will be exempt from fees.
猫を引き取るは、料金を免除される

waive (~を放棄する)は、waveと間違いがちなので気を付けたい単語。TOEICでは、特に「料金の請求を放棄する(つまり免除する)という意味で登場します。
正解は(D)。be exempt from~(~を免除される)との言い換えには特に注意したいですね。

英語屋の新学期の授業は、2月19日(火)スタート。
We welcome an influx of students!

そして、これは既に5歳になったミヤ!今でもうちのお姫様。
blog1918

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
shelter 保護施設、避難所
hit O with ~ Oを~で打つ、打撃を与える
an influx of ~  ~の(大量)流入
population 人口、頭数
prompt O to do Oが~するよう促す、駆り立てる
official 職員、役人
waive ~を放棄する
adopt / adoption 養子(里子)にする(こと)
facility 施設
treatment 治療、取扱い
vary 異なる、変わる
depending on ~次第で
those who + V ~する人々
be exempt from  ~を免除される


eigoyavocab at 14:33|PermalinkComments(0)Part7 | 

2019年02月01日

Word of the Day(6)the apple of one's eye

Merriam-Webster という辞書の Learner's Word of the Day より、おもしろい語句をご紹介するシリーズの第6弾。(過去のエントリーは → こちら

今日ご紹介するフレーズは:

the apple of one's eye

直訳すると「~の目のリンゴ」。
「目の上のタンコブ」とか「目の敵」といったことわざは日本にもありますが、さて、これはどんな意味?会話例から探ってみましょう。

Woman: I just saw Jack with his dog at the cafe near the park.

Man: Yeah, he loves her so much that he takes her everywhere.

Woman: She looked adorable. No wonder she is the apple of his eye.

さあ、ここから意味を推測すると:

blog1915
(この細長い段ボールが、幼きフクの the apple of his eyeでした。)


このフレーズの定義は:

a person or thing that someone loves very much

「大好きな人やモノ」

appleがどうして「大好きな人・モノ」という意味になったのかは、よくわかりませんでした。このフレーズは9世紀くらいから使用されているという、かなり古くからある言い回しだそうで、シェイクスピアの「真夏の世の夢」にも登場するとか。
(ご参考:https://www.phrases.org.uk/meanings/the-apple-of-my-eye.html

Woman: I just saw Jack with his dog at the cafe near the park.
ジャックが犬といるのを見かけたわ、公演の近くのカフェで。

Man: Yeah, he loves her so much that he takes her everywhere.
ああ、彼(Jack)は彼女(雌のワンコ)をとってもかわいがっているから
どこにでも彼女(雌のワンコ)を連れて行くんだよ。

Woman: She looked adorable. No wonder she is the apple of his eye.
彼女(雌のワンコ)、かわいかったわ。
彼のお気に入りのも当然ね

この例では、雌のワンコのことを「her / she」と呼んでいますね(雄なら he / his /him)。学生の頃、初めてこれを聞いたときは驚きました!
犬や猫を褒めるときも「Good boy (girl)」と言うんですが、最初聞いたときは、え?誰を褒めてるの~??と混乱したものでした。

家族だと思っている犬猫のことを「it」と呼ばないのは、むしろ礼儀でしょうね。日本語ではかわいがっていることを「目に入れても痛くない」と言いますので、このフレーズはそう訳してもよさそうです。

ちなみに、the apple of my eye は、もちろんうちのネコたちですが、昔は実家で犬を飼っていました。彼女が私たち家族に、犬猫と暮らす楽しさを教えてくれました。それがルン(永遠の17歳)です!
blog1916

このフレーズは、learners' dictionary の facebook ページでも紹介されていて、かわいい写真も見れますので、よかったらそちらもお試しくださいね。→ こちら

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
so ~ that S+V. あまりに~なので、SV 
take ~を連れて行く
everywhere どこにでも
look+形容詞 ~のように見える
adorable かわいい、愛らしい
no wonder S+V.  SVなのも当然だ、不思議はない。


eigoyavocab at 14:40|PermalinkComments(0)Word of the Day