2019年07月20日

Q&A diary (3) 2019/7月前半編

現在挑戦中の「Q&A日記」(⇒ 今までの記事はこちら)。今日は7月前半の entryについて書いてみたいと思います。

今回も、 carpenter さんがシェアしてくださった entry をベースにお話を進めていきますね。

以下、私(古澤)と carpenter さん の entries です(原文のまま):

July 13
Q:  What are you sentimental about?
 あなたはどんなことで感傷的になる?

A(古澤): 
I feel sentimenal whenever I read a story related to a dog, cat or child. 
 私は感傷的な気分になります、犬、ネコ、子供に関する物語を読むとき。

A(Mr. Carpenter): 
This particular film  appears as comedian FUTEN NO TORASAN
made me sentimental.

July 18 
Q: 
What are the ingredients for a perfect day?
 完璧な一日に欠かせないものとは?

A(古澤): 
Good food, lots of laughs, and cats beside me. 
 よい食事、たくさんの笑い、そして傍らにネコ。

A(Mr. Carpenter): 
For me the perfect day is the day
that I can be satisfied with accomplishment of a day,
so the ingredients for a perfect day is exchanging geetings.
It’s a must-do at first a day.

IMG_3500
(One of the ingredients for a perfect day!)

carpenter さん は添削ご希望ですので、恐れ多いですが、以下のとおりコメントししますね~。

July 13 
This particular film  appears as comedian FUTEN NO TORASAN 
made me sentimental.

(添削1)
I like comedy films featuring "Futen No Torasan".
 私は「フーテンの寅さん」を取り上げた喜劇映画が好きです。
This particular film series makes me sentimental.
 この映画シリーズは、私を感傷的な気分にさせます。

「This particular ~(この特定の~」を使う場合は、その前に既に何のことを指しているか述べておく必要があるので、上記のように2つの文に変えてみました。ここでの featuring は後ろから films を修飾する分詞です。

July 18 
For me the perfect day is 
 私にとって、「完璧な一日」とは、
the day when I can be satisfied with accomplishments for the day, 
  満足できる日です、その日達成したことに。
so an ingredient for a perfect day is exchanging greetings.
 なので、完璧な日に必要なことの1つは、挨拶を交わすことです。
It’s a must-do in order to start a perfect day. 
  これは必ずやるべきことです、完璧な一日を始めるために。

the dayを後ろから修飾するのに、thatの代わりに関係副詞の when を使いました。
that (関係代名詞)との違いは、
 ・関係副詞 :「前置詞+名詞」の代わりになる
 ・関係代名詞:「名詞」の代わりになる
くわしくは、こちらのサイトが参考になりますよ~。

しかし、これらは細かいことに過ぎず、伝えたいことはちゃんと伝わる英文ですよ、carpenter さん。さすがです!

それでは、来週もこの調子で続けます!
Q&A日記挑戦者の皆さま、ぜひシェアしてくださいね~(日本語も歓迎)。

テツもV字開脚で応援してくれて(?)います。
IMG_3454 (1)


(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
related to ~に関連する
particular 特定の、特別な
featuring ~を目玉とする、~を特集している
ingredient 欠かせないもの、材料
beside ~の横に
accomplishment  達成、成果
exchange 交換する
greeting 挨拶
must-do 必ずやるべきこと


eigoyavocab at 12:00|PermalinkComments(0)Diary | 英語屋

2019年07月15日

スピーキング・使える表現集(1)

7月13日(土)に実施した「スピーキングのための英作文講座」は、3度目の開催でしたが、おかげさまで今回も満員御礼。以前開催した内容を更にパワーアップしてお届けしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました~!

授業中に英作文していただき、それを講師が添削して回るというのが、この授業の特徴の1つなのですが、その中で皆さんに調べていただいたおもしろ表現を今日はご紹介したいと思います。

それでは、答えの発表の前に、皆さんならどんな英語表現が頭に浮かぶか、ぜひ考えてみてくださいね:

1.激辛料理
2.死ぬほど笑う
3.体力の続く限り
4.(なぐさめるように)天気が悪かったんだから仕方ないよ。


IMGP0482
(このニコの表情は、「死ぬほど笑っている」?
「激辛料理」に苦しんでいる?)

1.激辛料理:a fiery hot dish

hot dish だけなら「温かい料理」と勘違いされることもありますので、fieryという語を付けるとよいようです(発音:fァイアリ)。もしくは、super spicy food と言ってもいいですね。fiery は fire と同じ語源で、「燃えている」という意味もあるのですが、ここでは「非常に辛い」ことを指しています。この単語、私も初めて知りました!

受講生のS.T.さんは、激辛料理ナンバーワンを決める competition (コンテスト)について英作文されました。辛いものが苦手な私には、参加はちょっと難しそう。。

2.死ぬほど笑う:kill oneself laughing

直訳すると「自分を殺す、笑って」。ちょっと怖い表現ですね。
oneself の部分は主語と連動させます。例えば:

I killed myself laughing.
They killed themselves laughing.

他にも「laugh oneself to death」という表現もあります。強調するために「死ぬほど」って使うのは、英語も日本語も同じですね。

ちなみにこれを使って英作文したA.S.さんは、impersonation shows (物まねショー)を見て、こんな感じになるそうです。私も生で見てみたい!

3.体力の続く限り:as long as my body holds up.

as long as は接続詞で「~する限り、~する間」。別の表現としては:

as long as my physical strength lasts.

ということも可能です。この文を書いたS.Y.さんは、昔は友達と「体力の続く限り、歌い続けた」そうです。英語では:

I used to sing Karaoke with my friends as long as my body held up.

4.天気が悪かったんだから仕方ないよ。

こちらは実は、ネイティブによる作文です。雨の日にゴルフをしていた英語屋マネージャー(F.T.)が、スコアが不調に終わったことを知り合いのDavid(米国人)に伝えると、LINEでこう返事があったそうです:

Blame the bad weather.

これ命令文ですね。直訳すると「悪天候を責めなさい」。つまり、うまくいかなかったのは、天気のせいにすればいいよ ⇒ 悪いのは天気だ ⇒ 天気が悪いから仕方ないよ・・。

日本語から直訳すると「It couldn't be helped as the weather was bad. 」などでしょうか(私ならそう書いちゃう)。でも、こちらは、よりシンプルで、いい表現ですよね。

応用としては:

Blame the bad economy. (景気が悪いから仕方ないよ)

Don't blame bad luck. (運の悪いせいにするな)

私も、仕事が進まないのを、つい猫のせいにしてしまいます。だってだって、「遊ぼう」「撫でろ」「小腹が減った」「ブラッシングせえ」「風呂場の蛇口から水を飲みたい」「リビングのソファで一緒に寝たい」「いっそのこと寝室行こうや」と、要求の多いこと・・。稼働時間は、どんどん、確実に削られます(うれしいのが半分以上だけど)。
そういうときは、自分自身に「Don't blame the cats.」と言い聞かせなくては。

ちなみに、ニコのいつもの表情はこんな感じ。7キロに届こうかという巨漢にして、我が家で一番のビビリです(さっきの写真は、おもちゃに夢中になってる、無邪気な?表情でした)。
IMGP0483

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)

dish 料理
competition コンテスト、競争
as long as  ~する限り、~する間
last 続く
blame ~を責める、~のせいにする
it can't be helped  仕方がない、どうしようもない


eigoyavocab at 16:34|PermalinkComments(0)単語&表現 | TOEIC

2019年07月07日

TOEICat問題 その33

今日のTOEICat問題は、久しぶりのPart1(写真問題)。 
  ★ 過去のPart1問題はこちらでまとめてチェック ⇒【Part1問題

今回は、自動生成の音声を使って、音声も用意してみました!英文を聞いて、「写真を最も適切に描写しているもの」を選んでくださいね。
 
(A)  (B)  (C)  (D) 

(渋谷ハチ公&猫ズ。2月の上京の時に撮った写真です!)

さあて正解は・・・









(A) People have gathered around a statue.
 人々は集まっているの周りに。

(B) A platform is being raised.
 壇(台)建てられているところだ。

(C) They are resting under the statue.
 彼らは休んでいるの下で。

(D) They are lined up in front of a station.
 彼らは並んでいる、駅の前に。

正解は(C)。主語を Cats  としたいところでしたが、自粛しました。まだTOEICは残念ながら動物を登場させないんですよね~。早く、実社会を反映して、バンバン、犬猫登場させてほしいな。

といわけで、初の音声問題、いかがでしたか~?google翻訳の自動生成音声を元に作成してみました。そんなに違和感ないのではないでしょか?しかし、すごいことです、音声問題まで作れちゃうとは。残念ながら、男女の音声を自由に変えることができないので、作成できるのは、Part 1 か 4 になります。また挑戦しますね!

(今日の「TOEICにも出るぞ!」語句)
gathered  集まる、集める
raised 上げる、(高いものを建てる)
statue 像(銅像、塑像、彫像)
(be) lined up 並んでいる
rest  休憩、休憩する
platform  台、壇


eigoyavocab at 14:28|PermalinkComments(0)Part1 |